湖西市未熟児養育医療制度

本文にジャンプします
湖西市未熟児養育医療制度

 

湖西市では、身体の発育が未熟なまま出生し、医師が入院養育を必要と認めた乳児で、指定医療機関に入院した場合、その治療に必要な医療費を公費負担します。
未熟児養育医療制度について.pdf(70KB)

 

 

【 対象となる児 】

 

湖西市に住民票がある未熟児で、以下のどちらかに該当する児
1)出生時体重が2,000グラム以下の児

2)医師が入院養育を必要と認めた児

 

【 給付内容 】

診療、薬剤、治療材料の支給、医学的処置等(入院分のみ)

※医療費のうち、保険診療分の自己負担額と食事療養費が対象となります。

 

(保険診療外【差額ベッド代やおむつ代等】のものについては対象外です)
※世帯の所得税額に応じて、自己負担金があります。しかし、健康増進課へ委任状兼同意書を提出することにより、健康増進課が代行で、子ども医療費助成制度に請求しますので、最終的に自己負担はありません。

 

 

【 申請について 】

 

入院中に速やかに申請してください。(退院後の申請は認められないことがあります)

 

 

【 申請に必要な書類 】

  

1)

養育医療給付申請書

 pdf
(55KB)

 

2)

養育医療意見書

 pdf
(52KB)

医療機関にて記入してもらってください

3)

所得税額等証明書

世帯の中で所得がある方全員分

・源泉徴収票(給与所得のみの方)

・納税証明書その1

(確定申告をされている方、税務署発行)

4)

世帯調書

 pdf
(101KB)

 

5)

医療を受ける児の健康保険証

(写しでも可)

まだ発行されていない場合は児の加入する予定の保護者の保険証を持参してください

ただし、児の保険証が発行されたら、児の保険証を改めて提出してください

6) 

委任状兼同意書

 pdf
(36KB)

 

7)

こども医療助成金支給申請書

 pdf
(86KB)

 

8)

マイナンバー

(乳児のいる世帯全員分)

マイナンバーカードもしくは通知カード

9) 

印鑑

 ー

認め印で可


1、2、4、6、7は湖西市役所健康増進課(健康福祉センターおぼと内)でも配布しています。