新居町住吉地区に津波避難施設(命山)を整備しています

本文にジャンプします
新居町住吉地区に津波避難施設(命山)を整備しています

湖西市では、平成26年3月に策定した『湖西市津波避難計画』における津波避難施設空白域※に津波避難施設(命山・津波避難タワー)を建設するものとして、平成26年度より事業着手しています。

※静岡県第4次地震被害想定におけるレベル2(東日本大震災クラス)の津波に対して、津波が到達するまでに高台や津波避難ビル等へ避難できない地域 

現在建設中である新居町住吉地区の命山の概要をご紹介します。

 
 <施設概要>
  ・避難面積  536m2(収容可能人数1,071人:2人/m2)
  ・避難高さ  海抜9.3m
  ・法面角度  約26°
  ・スロープ  1箇所
  ・階  段  2箇所
  ・照  明  8箇所(ソーラー発電LED照明灯)

 <工事概要>
  ・工 事 名  平成28年度 住吉地区命山整備工事

  ・工   期  平成28年9月14日から平成30年3月9日

  ・請負金額  277,560,000円
  
  ・請負業者  山平・鳥井特定建設工事共同企業体(JV)
  
  ―工事の主な内容―

  【平成28年度】
   ・敷地整地工事
   ・地盤改良工事
   ・擁壁設置工事
  【平成29年度】
   ・調整池設置工事
   ・本体盛土工事
   ・排水構造物設置工事
   ・昇降施設設置工事
   ・安全施設設置工事
   ・舗装工事
   ・照明施設設置工事

住吉地区命山現場通信(請負者作成)
※ドローンで撮影された現場写真が掲載されていますのでぜひご覧下さい。
 
 第1号 2016.12発行.pdf(547KB)
 第2号 2017.02発行.pdf(685KB)
   第3号 2017.03発行.pdf(562KB)

                完成イメージ図