通知カードに関する各種手続きのご案内

本文にジャンプします
通知カードに関する各種手続きのご案内

通知カードの様式

 通知カードは、住民の方々にマイナンバーを通知するもので、平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されます。
 平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、マイナンバーの記載・確認を求められることとなり、またマイナンバーカードの交付を受ける際には返却が必要となりますので、受け取られた通知カードは大切に保管して下さい。
 通知カードは紙のカードで、あなたのマイナンバーの他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されており、透かし等の偽造防止技術も施されています。
 ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。
 なお、マイナンバーの確認と本人確認を1枚で行いたい方は、マイナンバーカードが便利です。
 マイナンバーカードには、マイナンバー、住所、氏名、生年月日、性別の他、顔写真が記載されることとなり、マイナンバーの確認と本人確認が1枚で行えます。交付手数料は当面の間無料です。

        表面                      裏面
          

『通知カード』にはラミネート加工やメモ書きなどを行わないでください。
住所変更や氏名変更などの券面事項変更の際、裏面に変更事項を記載しますので、ラミネート加工やメモ書きが施されていると記載ができません。
その場合、通知カード再交付の手続きが必要となり、手数料500円/1枚がかかります。
ご注意ください。


返戻された通知カードの廃棄処分について

平成27年11月から通知カードを送付いたしましたが、「保管期間経過」や「あて所なし」などの事由により多数の通知カードが返戻されております。

湖西市では、返戻された通知カードを平成29年8月31日に廃棄処分させていただく予定です。
今回の廃棄の対象となるのは、平成27年10月5日時点において当市に住民登録があり、通知カードを受け取られていない平成27年度中に返戻された方の分です。

廃棄処分後に窓口にお越しいただいた場合、再交付扱いとなり、再発行手数料(500円/1枚)がかかります。
また、即日で通知カードをお渡しすることができませんので、あらかじめご了承ください。

個人情報保護により、マイナンバー通知カードの返戻状況を電話で回答することはできませんのでご了承ください。


通知カードを受け取れなった方

通知カードを簡易書留でお送りしておりますが、住所地にお住まいでない方や、不在で受け取られていない方の分については、郵便局から市役所へ返戻されてきています。
通知カードの受け取りをお願いします
返戻されてきた通知カードは、窓口にて本人確認をさせていただいた上で交付しております。
受け取りに来る際には、本人確認書類(
本人確認書類一覧.pdf 355KB)になるものをお持ちください。
同一世帯の方なら、どなたか一人が来庁し、本人確認ができれば世帯分をお渡しできます。

※本人確認書類の例
 1点で良いもの(顔写真が付いている身分証)
  運転免許証、パスポート、運転経歴証明書、住基カード、身体障害者手帳、在留カードなど
 2点以上必要なもの(顔写真が無い証明書)
  保険証(国保・社保・介護など)、国民年金手帳、生活保護受給者証、医療受給者証、
  児童扶養手当証書、預金通帳、学生証 などのうちから2点

ご本人が窓口へ来られない場合には、代理人による受け取りも可能です。
その際には、世帯の全員が記入した委任状(
委任状(兼代筆用).pdf 88KB)と、世帯全員分の本人確認書類本人確認書類一覧.pdf 355KB原本(上記※を参考)をお持ちいただく必要があります。

受け取り方法
▼場 所
 湖西市役所市民課・湖西市新居支所
 (西部サービスセンターでの受取りはできません)
▼受付時間
 午前8時30分から午後5時15分まで
▼持ち物
 上記 ※ の本人を確認できる書類
▼新居支所での受取り
 1.受取り希望日の3日前までに市民課へ電話(連絡先:053-576-4531)
 2.新居支所での受取り希望日を伝える
 3.本人確認書類本人確認書類一覧.pdf 355KBをそろえて、新居支所で通知カードを受取り

通知カードの再交付について

通知カードを紛失や焼失、著しく損傷した場合等は、再交付することができます。(原則有料となります。)
なお、通知カードを再交付せず、マイナンバーカードを申請する場合、初回であれば、マイナンバーカード作成は無料となります。

●本人が来庁し再交付申請をする場合
 1.再交付申請書(通知カード再交付申請書.pdf 54KB
 2.紛失届(通知カード紛失届.pdf 36KB
 3.通知カード(紛失・焼失した場合を除く)
 4.手数料 500円
 5.本人確認書類(原本)(本人確認書類一覧.pdf 355KB
   次の中から1点
  (1)住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、療育手帳
     在留カード(写真付き)、特別永住者証明書等(官公署発行の顔写真付き)
  (2)(1)の書類がない方は...以下の中から2点
   「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されている
   健康保険証、年金手帳、医療受給者証、社員証、学生証等(顔写真のないもの)、預金通帳など
 6.紛失・焼失した事実の疎明書類
  ・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号
  ・消防署又は市町村の発行する罹災証明書等
  ・上記の書類の提出が困難な場合は、紛失又は焼失の経緯を記載した書類

●代理人が来庁し再交付申請をする場合
人が来庁できない場合、代理人に手続きを委任することができます。
代理人が手続きをする場合は、次のとおり書類をご用意ください。
 1.通知カード再交付申請書(通知カード再交付申請書.pdf 54KB
 2.紛失届(通知カード紛失届.pdf 36KB
 3.本人の通知カード(紛失・焼失した場合を除く)
 4.手数料 500円
 5.ご本人の本人確認書類(原本)(本人確認書類一覧.pdf 355KB
   上記(1)を1点もしくは(2)を2点
 6.紛失・焼失した事実の疎明書類
  ・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号
  ・消防署又は市町村の発行する罹災証明書等
  ・上記の書類の提出が困難な場合は、紛失又は焼失の経緯を記載した書類
 7.代理人の本人確認書類(原本)(本人確認書類一覧.pdf 355KB
   上記(1)を1点もしくは(2)を2点
 8.代理人の代理権を確認できる書類
  ・任意代理人:(委任状(兼代筆用).pdf 88KB)(原本)
  ・15歳未満の方の親権者の方:戸籍謄本(申請者ご本人と同一世帯であり、親権者と確認できる方は不要)
  ・成年後見人:登記事項証明書(法務局発行の成年被後見人と成年後見人の確認ができる証明書(原本))

通知カードの記載に変更があった場合

通知カードの住所や氏名などに変更が生じたとき

 住所の異動や戸籍の届出などにより、通知カードの記載事項(住所、氏名、性別、生年月日)に変更が生じた場合には、通知カードの裏面に変更内容を記載します。
 表面記載事項変更の手続きが必要となりますので、変更のある方は市民課窓口または新居支所窓口までお越しください。
 
 裏面の記載する余白が無くなった場合において、再交付申請をしていただくと、通知カードを無料で再交付いたします。通知カードは全国の市町村がカードの作成を依頼する地方公共団体システム機構(J-LIS)で作成されます。そのため通知カード受取までは約1か月ほどかかりますのでご了承ください。

 ※通知カードの記載事項に変更があった方は、通知カードについているマイナンバーカード(個人番号カード)の申請書は使用できません。マイナンバーカード(個人番号カード)をご希望の場合、市民課窓口または新居支所窓口にて新しい申請書をお渡しいたします。

表面記載事項変更の手続きについて

▼記載事項変更が必要な場合・・・
・住所の異動が生じたとき
・戸籍の届出で氏名等が変更する場合
・その他、通知カードの記載事項に変更が生じたとき


▼記載事項変更に必要な書類
1.通知カード表面記載事項変更届出書(通知カード表面記載事項変更届.pdf 30KB
2.通知カード
3.本人確認書類(原本)(本人確認書類.pdf 355KB
4.代理人の場合には、代理権を証明する書類
 ・任意代理人の場合は委任状(委任状(兼代筆用).pdf 88KB

 ・法定代理人の場合は戸籍謄本またはその資格を証明する書類(湖西市に本籍がある方は不要)
 ・
同世帯の方が代理人として記載事項変更の届出を行う場合、上記4の代理権を証明する書類は不要です。

通知カードの返納について

以下の場合、通知カードを返納していただく必要があります。(通知カード返納届.pdf 31KB

1.マイナンバーカードの交付を受けるとき(交付時に引き換えとなります)
2.通知カードの再交付を受けたあと、紛失していた通知カードを発見したとき
3.個人番号を変更したとき (個人番号指定請求をしたとき)
4.海外へ転出したとき
5.住民登録が消除されたとき

  ※亡くなった方の通知カードは返納義務はございません。ご遺族の方がご希望される場合は回収させていただきます。