委任状

本文にジャンプします
委任状

委任状について

委任状には

作成した日付と「委任者」の住所・氏名(自署)・認印・生年月日・昼間の連絡先と、「代理人」の住所・氏名・生年月日および「委任事項(何を委任したのか)」は必ず記載してください。

委任状(代理権授与通知書)の書き方

1.本人の住所・氏名・生年月日・電話番号
  氏名は必ず自署の上、押印してください。

2.代理人の住所・氏名・生年月日・電話番号

3.委任事項
  申請する証明書の内容と通数を明記してください。委任状に記載されていない証明書の申請は、受け付けすること
  が出来ません。
  必要な証明書の種類がわからないときは、「○○(氏名)死亡による相続手続きのため○○(氏名)の出生から死
  亡までの記載のある戸籍等が○通必要」、「○○の死亡(出生・婚姻・離婚など)の記載のある戸籍等が○通必要」
  など、どのような内容の証明書が必要かわかるようにお書きください。

4.委任した日付

※委任状は、委任する方の意思が確認できる内容であり、上記内容について記載があれば、用紙、書式は問いません。

 

注意点

▼委任状は委任する本人が自署にて全て記入し押印してください。
 代理人(窓口に来られる方)が記入する箇所はありません。
▼委任者本人が記入していない場合、又はその疑義がある場合、委任状として認められません。
▼印鑑は朱肉を使用してください。ゴム印・シャチハタは無効です。
▼代理人(窓口に来られる方)は印鑑と身分証明書(免許証・旅券等)をご持参ください。
▼⿊のボールペン又はサインペンにてご記入ください。
▼委任状に不備がある場合、交付をお断りすることがあります。
▼委任状の偽造又は偽造した委任状の行使をした場合、刑法第159 条及び第161 条の規定により罰せられます。

委任状ダウンロード 委任状(兼代筆用).pdf 88KB 記入例:委任状(兼代筆用)pdf 130KB