事業ごみの処分方法

本文にジャンプします
事業ごみの処分方法
! 事業所から出たごみを地域のごみステーションに捨てることはできません。
地域のごみステーションに出すことができるごみは、家庭生活から出るごみに限られます。
事業(農業、小売店、工場等を含む)活動に伴うごみは事業系ごみです。事業系ごみは、法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)によって、排出事業者が自らの責任で適正に処理することが義務付けられています。適正に処理されない場合は処罰の対象となることがあります。

事業系ごみの処分方法


飲食店、オフィス、商店などから出たごみ

 ↓
pdf業廃棄物の場合
一般廃棄物(産業廃棄物以外)の場合
 ※次のいずれか
 産業廃棄物処理業者に依頼する
 
 湖西市内の産業廃棄物処理業者一覧
 
 詳しい処理はこちらを参照ください。
 公益社団法人 静岡県産業廃棄物協会(外部リンク)
ア 自ら環境センターに搬入する
  120円/10kgの手数料がかかります。

イ 許可業者へ収集の委託をする
 
 湖西市内の一般廃棄物許可業者一覧
     (事業系一般廃棄物受入指示書)


その他(PCB廃棄物の処理について)

 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」)は、昭和28年頃から製造された合成油で、電気絶縁性、不燃性などの特性によりトランス、コンデンサーといった電気機器をはじめ幅広い用途に使用されていました。しかし、昭和43年の事件を契機として、その毒性や環境汚染が社会問題化し、日本では昭和47年以降その製造が行われていません。
 平成13年7月15日に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が施行され、PCB廃棄物の処理のための必要な体制を速やかに整備することにより、その確実かつ適正な処理を推進することが定められたほか、PCB廃棄物を保管する事業者は、PCB廃棄物の保管及び処分の状況を自治体に届け出るとともに、平成38年度末までにこれを適正に処分することが義務付けられました。

 詳しくは、静岡県 環境局 廃棄物リサイクル課(TEL054-221-2424)へお問い合わせください。

<参考資料> 
 
 パンフレット(使用中事業者向け)
 
 PCB廃棄物の適正な保管について