平成30年度 介護保険制度の改正について

本文にジャンプします
平成30年度 介護保険制度の改正について

高齢化が進む中で介護保険制度を維持し、また保険料の上昇を可能な限り抑えるため、下記のとおり制度が改正されます。
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。


 平成30年4月から 

●介護保険料が変わりました
平成30年度の65歳以上(第1号被保険者)の方の介護保険料額は、以下のとおりとなります。
 平成30年度 湖西市の介護保険料(PDFファイル)

●介護報酬が改定されました
詳細については以下のページをご覧ください。
厚生労働省ウェブサイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/housyu/kaitei30.html

●住所地特例が見直されました
他の市区町村から障害者支援施設等の介護保険適用除外施設に入所した方が退所して、介護保険施設等に入所した場合について、介護保険適用除外施設の所在市区町村の給付費が過度に重くならないよう、保険者の定め方が見直されます。
詳細については以下をご覧ください。
 介護保険適用除外施設の住所地特例の見直しについて(PDFファイル)



 平成30年8月から 

●サービスを利用した時の負担割合が変わります
2割負担者のうち、特に所得の高い方の負担割合が3割になります。
また、所得指標の見直しにより、判定方法も一部変更となります。
詳細については以下のページをご覧ください。
厚生労働省ウェブサイト
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/20180608.pdf

●高額介護サービス費が変わります
所得指標の見直しにより、判定方法が一部変更となります。
詳細については以下をご覧ください。
 高額介護サービス費の見直しについて(PDFファイル)

●食費・居住費の負担軽減制度が変わります
所得指標の見直しにより、判定方法が一部変更となります。
詳細については以下をご覧ください。
 食費・居住費の負担軽減制度について(PDFファイル)



 平成30年10月から 

●福祉用具貸与が見直されます
貸与価格のばらつきを抑制し、適正価格での貸与を確保するため、以下の見直しがされます。
・国による全国平均貸与価格の公表
・貸与事業者による全国平均貸与価格の説明の義務化
・貸与価格の上限設定
詳細については以下をご覧ください。
 福祉用具の保険給付の適正化について(PDFファイル)