市の概要

本文にジャンプします
市の概要

市の概要

 静岡県の最西端、愛知県との境に位置する湖西市。緑豊かでトレッキング・コースとしても親しまれている湖西連峰、はるか水平線をのぞむ大海原・太平洋、そして美しい水をたたえた汽水湖・浜名湖に囲まれた、自然豊かで温暖な気候の美しいまちです。本州のほぼ中央に位置するという立地条件に恵まれたことで、全国で唯一現存する関所建物の新居関所、昔の町並みが残る白須賀宿などからも分かるとおり、古くから交通・輸送の要衝として栄え、現在も人・物・情報が盛んに往来しています。
現在湖西市では、自動車産業を中心とした工業の一層の発展、恵まれた自然を生かした農業・漁業の合理化・近代化、区画整理や道路整備と相伴って進められている商業の充実などのために、さまざまな施策が進められています。
”市民協働で創る「市民が誇れる湖西市」”をテーマに、人々が快適に暮らすことのできる、美しく住みよいまちづくりを目指します。
 

位置 東経137°31′55″、北緯34°43′06″
面積 86.56平方キロメートル [平成27年3月6日現在]
人口 62,792人(男32,129人、女30,663人)
[平成22年3月22日(合併時点)現在]
※湖西市と新居町を合算した人口
最新の人口はこちらをご参照ください。
世帯数 22,832世帯[平成22年3月22日(合併時点)現在]
※湖西市と新居町を合算した世帯数
市章 湖西市市章 昭和47年1月1日制定。湖西市の頭文字「こ」の字を円形とし、波頭で浜名湖を印象づけるとともに、湖西市の浜名湖上の位置を現し、市の円満発展を現す。
市の花 市の花くちなし ●くちなし
昭和47年1月1日制定。湖西地方の山野に自生し、庭園などに植えられている。葉は常緑性で光沢があり、夏に芳香のある大形六弁の純白色の花が開く。清浄な美しさの中に力強い重量感があり、風情豊かな、湖西市の花にふさわしい。
市の木 市の木黒松 黒松
昭和47年1月1日制定。古来、百木の長といわれ、湖西地方にも多く、歴史的な面影を今日に伝えている。一名雄マツの名で呼ばれ、自然の悪条件にも堪えて、遠州灘の海岸や湖西連峰の山林を守り、その容姿は美しく、たくましい。庭園では人々に楽しさと安らぎを与え、躍進する湖西市にふさわしい木である。
市歌 楽譜はこちら 昭和47年1月1日制定
楽曲はこちら MP3形式です。
お使いのブラウザで設定されている音声再生用のアプリケーションが自動的に起動して演奏が始まります。

■最寄りの交通機関■

自動車 東名高速道路 三ヶ日インターチェンジ、浜松インターチェンジ、
浜松西インターチェンジ
電車 JR東海道本線 新所原駅、鷲津駅(最寄り駅・市役所まで徒歩で約15分)、新居町駅
天竜浜名湖鉄道 新所原駅、アスモ前駅、大森駅、知波田駅
バス 遠鉄バス 時刻表 路線図
コミュニティバス
(コーちゃんバス)
運賃は有料で、どなたも乗車することができます。
詳細はこちら
ファイルはPDFフォーマットです。
(※戻る場合はブラウザの戻るボタンでお戻り下さい)
読むにはAdobe SystemsAdobe Readerが必要です。
Acrobatreaderバナー

■市役所周辺地図■

地図

■湖西市民憲章■

緑と水に囲まれた美しい湖西の市民として、この憲章を定めます。 これは、未来へはばたくわたしたちの合言葉です。
 
わたしたち湖西市民は、
1 働くことに喜びをもち 活力のあるまちをつくりましょう。
1 互いに助けあい 明るい健康なまちをつくりましょう。
1 善意と思いやりをもった 温かく住みよいまちをつくりましょう。
1 自然を生かし 水と緑のきれいなまちをつくりましょう。
1 伝統を生かし 文化の香り高いまちをつくりましょう。
(昭和57年1月1日制定)