郷土の偉人

本文にジャンプします
郷土の偉人
郷土の偉人、世界に誇る発明王 豊田佐吉翁
豊田佐吉翁年譜
豊田佐吉翁の発明した主な織機
豊田佐吉記念館

郷里を、日本を裕福にしたい…

  豊田佐吉は、明治維新が間近に迫った慶応3年(1867年)2月14日、遠江国敷知郡山口村(現在の静岡県湖西市山口)に生まれました。
佐吉は、小学校を卒業すると父・伊吉の大工仕事を手伝っていましたが、貧困にあえぐ村の暮らしを見て「郷里の貧乏を救わなければならない」という郷土愛に燃えるようになりました。そして、学問の必要性を痛感し、東京からわざわざ新聞を取り寄せたり、村の同志を集めて「夜学会」を開いたりしました。
こうして広く世間を見る目が肥えてくると、当時の日本が郷里と同様に貧乏であることが分かってきました。そこで佐吉の郷土愛は祖国愛に変わっていったのでした。その祖国愛を実現する方法が、すなわち「発明」だったのです。「発明」によって、日本の産業を発展させ、日本を裕福な国にしようと考えたのです。

母の姿を見て、自動織機の発明を志す

  しかし、一体何を発明したらいいかは容易に定まりませんでした。そんなとき目についたのが、母の機を織る姿でした。
当時の織機は「バッタンハタゴ」という極めて原始的な機械で、一反の木綿を仕上げるのに多くの時間と労力を費やさなければなりませんでした。明治20年(1887年)、佐吉はこの手機(てばた)の改良を志し、寝食を忘れて研究・工夫に熱中しました。

しかし、織機に関しての知識もなく、周囲の理解も得られない佐吉にとって、この研究は困難を極めました。それでも佐吉は決してあきらめず、発明に精進しました。
そして、明治23年(1890年)、ついに最初の発明「豊田式木製人力織機」を完成させたのです。佐吉23歳のときでした。翌24年(1891年)、この「豊田式木製人力織機」で初めての特許を取りました。その後も佐吉は研究を続け、明治27年(1894年)には糸繰返機(いとくりかえしき)を、29年には木鉄混製動力織機を発明するなど、その発明及び実用新案は生涯を通じて119件にものぼりました。

世界に追いつけ、追い越せ

  また、佐吉は、終生の目標であった海外にも目を向け、明治43年(1910年)には初めて欧米に渡り、その広大な国土、機械を使った効率的な農業、工場の設備の巨大さ、機械の精巧さに驚きました。しかし、織機・紡績工場を見学してみて、自分の発明した織機が必ずしも世界の一級品に劣るものではないという結論を得ました。
大正10年(1921年)には中国上海に「豊田紡織廠」を設立、昭和4年(1929年)にはインドへ工場設備を輸出し、さらにイギリスのプラット・ブラザーズ社に国産技術を輸出しました。こうして、「世界に追いつけ、追い越せ」の執念は実を結び、ついに佐吉の自動織機は世界に認められたのでした。
佐吉のこの歩みが、自動車をはじめとする日本の産業の著しい発展の礎となりました。その功績は、わが国の産業史はもちろん、郷里湖西の市史を飾る一大金字塔として永遠に不滅です。


豊田佐吉翁年譜
西 暦 年  号 主なことがら
1867年 慶応3年 ●2月14日、現在の静岡県湖西市山口に生まれる。
1890年 明治23年 ●東京の内国勧業博覧会を見学。   
●「豊田式木製人力織機」を発明。
1894年 明治27年 ●「糸繰返機」を発明。
1896年 明治29年 ●「木鉄混製動力織機」を発明。
1897年 明治30年 ●乙川綿布を設立。動力織機の操業を開始。
1899年 明治32年 ●井桁(いげた)商会を設立。
1901年 明治34年 ●たて糸送り出し装置を発明。
1902年 明治35年 ●豊田商会を設立。         
●「木鉄混製動力織機」が好評、フル生産が続く。
1904年 明治37年 ●「管換え式自動織機」を発明。
1906年 明治39年 ●「環状織機」を発明。
1909年 明治42年 ●自動ひ換え装置を発明。
1910年 明治43年 ●アメリカ、ヨーロッパを視察。
1911年 明治44年 ●豊田自動織布工場を設立。
1912年 明治45年 ●藍綬褒章を受章。
1918年 大正7年 ●豊田紡織株式会社を設立。
1921年 大正10年 ●上海に豊田紡織廠を設立。
1924年 大正13年 ●二度目の藍綬褒章(飾版)を受章。            
●「無停止ひ換え自動織機(G型)」を完成。
1925年 大正14年 ●帝国発明協会へ蓄電池の発明懸賞金、100万円を寄附。
1926年 大正15年 ●株式会社豊田自動織機製作所を設立。           
●帝国発明協会から恩賜記念賞を受賞。
1927年 昭和2年 ●勲三等瑞宝章を受章。            
●名古屋離宮で天皇陛下に単独拝謁。
1929年 昭和4年 ●イギリスのプラット社へ自動織機の特許を譲渡。
1930年 昭和5年 ●10月30日、病気のため死去。            
●従五位に叙せられる。
1985年 昭和60年 ●工業所有権制度100周年を記念し、「日本の偉大なる発明者10人」に選ばれ、政府から特別顕彰される。
豊田佐吉翁の発明した主な織機
●豊田式木製人力織機 明治23年
(1890年)
佐吉が発明した最初の織機です。それまで両手で織っていたものを、片手でおさを前後させるだけで、シャトルも左右に走るように改良し、4~5割も速く織れるようにしました。
●糸繰返機 明治27年
(1894年)
これまでの手回し式を足踏み式に改良。能率を2~3倍も向上させることができ、大変好評を得ました。これで以後の動力織機の開発費を生み出しました。さらに佐吉は、動力式のものもつくりました。
●木鉄混製動力織機 明治29年
(1896年)
佐吉が発明を志した当初から目指した、日本で最初の動力織機です。1人で3~4台も運転できて生産性が20倍も上がり、そのうえ織物の品質も非常に良く、大変好評を博しました。
●三九式木鉄混製動力織機 明治39年
(1906年)
厚地物も織れるように、たて糸送り出し装置、よこ打ち装置などの発明・改良を加え、さらに堅ろうにして、汎用性と能率の向上を図りました。そのうえ安価でもあったので、注文が殺到しました。
●環状織機 明治39年
(1906年)
発明の究極目的として心血を注いだもので、シャトルを円運動させる前人未到のきわめて理想的な織機です。佐吉はこの環状織機の実用化をみることなく亡くなりました。
●L式鉄製動力織機 明治42年
(1909年)
織布業の大規模工業化を実現する一層堅ろうで能率の高い織機を作るため、佐吉は率先してその鉄製化を図りました。こうした鉄製化の推進は、日本の機械工業の発展に大きく貢献しました。
●N式広幅動力織機 大正3年
(1914年)
海外からの綿布需要の増大により、従来開発してきた広幅織機に、たて糸切断停止装置など多くの改良を加えて完成させました。この織機がG型自動織機の基になっています。
●G型自動織機 大正13年
(1924年)
佐吉が世界で初めて完成させた無停止ひ換え式自動織機です。機械の運転を止めずによこ糸を自動的に補給するこの発明は、世界に認められ、当時のトップメーカーであったイギリスのプラット社へ100万円で特許権を譲渡しました。これを資金に国産自動車の研究開発が進められました。
豊田佐吉記念館
昭和63年10月30日、豊田佐吉生誕120年を機に、佐吉が40歳のころ建てた家と屋敷を、豊田佐吉記念館としてオープンしました。
以前から、市内山口にある豊田邸には、佐吉の生い立ちなどに関心を持つ人が多く訪れていました。このため、当時トヨタ自動車(株)社長の豊田章一郎氏(現同社名誉会長)は、佐吉の生涯を分かりやすく見学できるように整備し、豊田佐吉記念館と名付けて一般公開することにしました。
裏山を抱く敷居には、母屋のほか父親に隠れて研究を続けた納屋、日だまりの中に優しい姿でたたずむ佐吉の生家などがあります。生家は、平成2年に復元されたもので、江戸時代後期の農家の形をよく残しており、建築史からみても貴重な文化遺産です。
また、展示室には、佐吉が最初に発明した豊田式木製人力織機をはじめ、糸繰返機(いとくりかえしき)、木鉄混製動力織機、佐吉の名前を不動にしたG型自動織機、119に及んだ特許証などが展示されています。集会室では、佐吉の生涯を描いた映画を観ることもできます。

豊田佐吉記念館へのリンク

佐吉翁の絵本をつくりました

 購入方法はこちら

佐吉翁の日めくりカレンダーをつくりました

 購入方法はこちら
 

豊田佐吉翁生誕150年記念事業について