建物の耐震診断に対する助成

本文にジャンプします
建物の耐震診断に対する助成
 地震などで建物の倒壊などによって起こる災害を防ぐため、建物の耐震診断を行う人に補助金を交付します。
対象者 市内にある、昭和56年5月31日以前に建てられた建物と、同日時点で工事中だった建物の所有者
(木造住宅については、無料耐震診断の制度もあります。)
申請 申請用紙に次の書類各2部を添えて提出
○耐震診断を行う建物の位置図(縮尺2,500分の1以上)
○耐震診断を行う建物の配置図と平面図
○耐震診断経費の見積書の写し
○建築年次が証明できる書類
○高齢者のみ世帯にあっては、家族構成報告書
(注)このほかにも書類が必要な場合があります。
金額
1棟ごとに、耐震診断に要する経費と次の基準額とを比較してどちらか少ない額の3分の2を助成します。
※65歳以上の者のみが居住する木造住宅や障害者の同居世帯などの木造住宅の場合については、10分の10を助成します。 (1,000円未満の端数は切り捨て)
構造 建物の図面の有無 基準額
木造 わが家の専門家診断事業による診断実施済みの場合

144,000円

わが家の専門家診断事業による診断未実施の場合

154,000円

上記以外 一戸建て住宅

134,000円/戸

上記以外 1,000m²以内の部分

2,060円/

1,000m²を超え
2,000m²以内の部分

1,540円/

2,000m²を超える部分

1,030円/

湖西市既存建築物耐震診断補助金交付要綱
既存建築物耐震診断事業補助金申請書式等 
既存建築物耐震診断事業補助金申請書式等

家族構成報告書