母子父子寡婦福祉資金

本文にジャンプします
母子父子寡婦福祉資金
 母子家庭などの精神的、経済的自立を図るため、次の資金をお貸ししています。貸し付け限度額、貸し付け期間、利率、返還の方法などはそれぞれ異なりますので、子育て支援課へご相談ください。
種類 内容 利率
事業開始資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦などが事業を開始するのに必要な資金 無利子※
事業継続資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦などが事業を継続するのに必要な資金 無利子※
修学資金 母子家庭の母または父子家庭の父が扶養する児童、父母のない児童、寡婦の扶養する子が高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程・専門課程・一般課程)、短期大学、大学で修学するのに必要な資金 無利子
技能習得資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦が事業を始めたり就職したりするために必要な知識技能を習得するのに必要な資金 無利子※
修業資金 母子家庭の母または父子家庭の父が扶養する児童、父母のない児童、寡婦の扶養する子が事業を始めたり就職したりするため必要な知識技能を習得するのに必要な資金 無利子
就職支度資金 母子家庭の母、父子家庭の父、当該父母が扶養する児童、父母のない児童、寡婦の就職のときに必要な資金 無利子※
医療介護資金 母子家庭の母、父子家庭の父、当該父母が扶養する児童、寡婦が医療を受けたり、介護保険の給付サービスを受けたりするのに必要な資金(介護の場合は、児童を除きます。) 無利子※
生活資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦が技能習得資金や医療介護資金の貸し付けを受けている期間中などに生活を維持するのに必要な資金 無利子※
住宅資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦が住宅の新築・購入・補修・増改築をするのに必要な資金 無利子※
転宅資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦が住宅を移転するため住宅を賃貸するときに必要な資金 無利子※
就学支度資金 母子家庭の母または父子家庭の父が扶養する児童、父母のいない児童、寡婦の扶養する子が小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程・専門課程・一般課程)、修業施設、短期大学、大学に入学・入所するのに必要な資金 無利子
結婚資金 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦の結婚に必要な資金 無利子※
備考
1 修学資金や就学仕度資金等貸付対象が児童である場合は、児童本人に貸し付けることができます。
2 利率のうち、※を付した資金(就職仕度資金については、配偶者のいない女子に係るものに限ります。)については、連帯保証人を立てた場合は無利子とし、連帯保証人を立てない場合は、年1.5%とします。