特定保健指導

本文にジャンプします
特定保健指導
   
特定健康診査の結果、メタボリックシンドロームのリスクが高い人などに対して、保健師や管理栄養士が

その人にあった方法で、健康状態や生活習慣を改善するためのサポートを行います。


<対象となる方>

次のすべての要件を満たす方

特定健康診査の結果、
1.内臓脂肪型肥満の人で、血糖、脂質、血圧のうち1つ以上リスクがある
2.血糖、脂質、血圧で服薬していない

内臓脂肪型肥満とは

1.腹囲が基準値以上の人

男性85cm以上/女性90cm以上

                                 または

2.腹囲は基準値以内でも、BMI値が25以上の人

   BMI(肥満度の指標)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)


リスクとは

血糖・脂質・血圧などのそれぞれにおいて以下の条件を満たすもの

 1.血 糖

空腹時血糖値100mg/dl以上 または

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)5.6%以上  (NGSP値)

 2.脂 質

中性脂肪値 150mg/dl以上 または

HDLコレステロール値 40mg/dl未満

 3.血 圧

収縮期血圧 130mmHg以上 または

拡張期血圧 85mmHg 以上

 4.質 問 票

喫煙習慣あり

(1~3のリスクが1つ以上の場合にのみカウント)


<保健指導の内容>

内臓脂肪型肥満の種類やリスクの数、年齢によって指導内容が分かれます。

内臓脂肪型肥満

リスクの数

年齢

指導内容

腹囲が基準値より
高い

2つ以上

40~64歳

積極的支援

65~74歳

動機付け支援

1つ

40~74歳

動機付け支援

40~74歳

情報提供

BMI値が高い

3つ以上

40~64歳

積極的支援

65~74歳

動機付け支援

1つ又は2つ

40~74歳

動機付け支援

40~74歳

情報提供


<支援内容>


【情報提供】

☆特定健康診査を受けられたすべての方へ☆ 

健診結果の見方や生活習慣病の基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報を提供します。

 


【動機付け支援】
 
☆ メタボリックシンドロームのリスクがある方へ ☆

   初 回

個別またはグループで面接を行います。

生活習慣改善の必要性を理解した上で、保健師・管理栄養士のサポートを

受けながら、すぐに実践できる目標を立てます。

6ヵ月後

6ヶ月間の生活の様子や身体状況の変化についてお聞きします。

 


【積極的支援】

☆メタボリックシンドロームのリスクが高い方へ☆

初 回

個別で面接を行い、生活習慣改善の目標を立てます。

3ヶ月以上の
継続的支援

保健師・管理栄養士のサポートを受けながら、面接や実習をはじめ、
電話や手紙による保健指導を継続して3ヶ月以上行います。

6ヵ月後

6ヶ月間の生活の様子や身体状況の変化についてお聞きします。 

 

<自己負担金>


  無料