【ふれあいポスト】入出の宅地について

本文にジャンプします
【ふれあいポスト】入出の宅地について

【ふれあいポスト】入出の宅地について

【入出の宅地について(広報こさい 市内 30代 男性) 】

2011年06月20日受付

僕は、生まれも育ちも入出です。

6年前に入出に家を建て楽しく家族で暮らしています。ところが同じころ結婚し、家族を持った友達、知り合いたちは、「入出に家を建てたい」と願っているのですが、土地がなく、家を建てられないのが現状です。

あきらめ、入出から去り他で家を建てた者もいます。

もっと入出に宅地を増やしてほしい!!

使っていない土地、もう誰のものかわからなくなっている土地など売りに出さないかと持ちかけてもらいたいです。また、農地も宅地としてもっと広げてもらいたいのが僕の提言です。

【回答】

入出地区は市街化調整区域で、一定の許可条件を満たさないと建築ができない地区です。許可条件の一つに「指定大規模既存集落制度」があり、これは20年以上入出で生活をしているなど様々な基準を満たす人が、指定された集落内に家を建てられる制度です。本人からの申し出が必要ですので、都市計画課で相談するようご案内いただければ幸いです。

次に使用していない土地などの斡旋につきましては、個人の財産であり行政が入り込めないところがありますのでご了承ください。

また、農地を農地以外のものに用いることは農地法で規制されています。特に入出にある集団的な優良農地は、特に農地転用が非常に難しくなっています。集落の人口を取り戻すため、どのようなまちづくりが必要なのか、地域の皆さんと行政が一体となって考えていきたいと思います。貴重なご提言ありがとうございました。

更新日:2011年7月7日