介護サービスを利用するとき

本文にジャンプします
介護サービスを利用するとき

介護サービスを利用した場合、原則として費用の1割を負担します。(9割は介護保険が負担します)。

在宅サービス・介護予防サービスは要介護区分ごとに利用できる限度額が決められています。

●在宅サービスの費用目安

要介護区分

支給限度額(1ヵ月)

要支援1

49,700円

要支援2

104,000円

要介護1

165,800円

要介護2

194,800円

要介護3

267,500円

要介護4

306,000円

要介護5

358,300円

介護保険施設に入所した場合は、サービス費用の1割のほかに、日常生活費・食費・居住費(滞在費)が全額利用者の負担になります。


●低所得者の人には負担限度額設けられます

低所得の人の施設利用が困難とならないように、申請により一定額以上は保険給付されます。低所得の人は所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます。(特定入所者介護サービス費)


●高額介護サービス費等が支給されます

 利用者が同月内に受けた、在宅サービスまたは施設サービスの利用者負担の合計が上限を超えた場合、申請により高額介護サービス費等として支給されます。

利用者負担段階区分

利用者負担上限額

一般世帯

世帯:37,200円

住民税世帯非課税

世帯:24,600円

 

・合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の人

・老齢福祉年金受給者

個人:15,000円

・生活保護受給者

・利用者負担を15,000円に減額することで、生活保護受給者とならない場合

個人:15,000円

世帯:15,000円