こども医療費の助成

本文にジャンプします
こども医療費の助成
 こどもの疾病の早期発見と適正な治療を受けさせることを促進するため、保険診療分の自己負担額について助成します。
 保険診療分以外の費用(1か月検診等の検診料、文書料、調剤の容器代、差額ベッド料等)は対象になりません。

【対象者】

 高校生相当年齢までのこどもと同居する保護者。ただし、以下の要件すべてに当てはまるこどもに限る。
  • 湖西市の住民基本台帳に登録されている人
  • 健康保険に加入している人
  • 生活保護を受けていない人
※平成30年10月1日から高校生相当年齢まで対象年齢が拡大されました。
 高校生相当年齢までとは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある人をいいます。
※高校生相当年齢のこどもは、平成30年10月1日以降の診療分から医療費助成の対象となります。
 医療機関等の窓口で保険診療分の自己負担額を支払った場合の返金手続き(償還払い)は、領収書等に記載されている診療日が平成30年10月1日以降のものが対象となり、診療日から1年間受付します。

【制度内容】

《通院、調剤、入院》
 自己負担なし。入院時食事療養費標準負担額は助成対象。
 ただし、スポーツ保険の対象となる学校管理下における傷病は、原則助成対象外。

《受給者証》
 あり(交付には申請が必要。毎年4月に自動更新)

【医療費助成の申請方法】

  • 県内で受診した場合…申請不要(受給者証を医療機関窓口に提示してください)
  • 次の場合には償還払いの申請をしてください。
  •   ・県外で受診した場合
      ・受給者証を提示しなかった場合
      ・未熟児養育医療など公費負担制度で受診し、自己負担金を徴収された場合
      ・保険給付の対象となる補装具の支給を受けた場合
    申請に必要なもの
      ・医療機関等が発行する領収書(受診者、診療期間、保険点数、領収印などがあるもの)
      ・健康保険証(こどもの氏名が記載されているもの)
      ・こども医療費受給者証
    次の場合は上記以外に次のものが必要になります。
       未熟児養育医療:医療券、自己負担額決定通知書、納入通知書(領収済みのもの)
       育成医療、小児慢性特定疾患:医療券または受診券
       補装具の支給:医療機関で発行した作製指示書、加入保険者からの保険給付決定通知書

※受診日から1年以内に申請してください。


  償還払いの申請様式はこちら

【受給者証交付申請に必要な書類】

  • こどもが加入している健康保険証の写し
  • 申請者名義の預金通帳
  • 湖西市に所得情報がない場合は、同意書(自署)
  • 申請者と配偶者のマイナンバー(通知)カードまたは個人番号を記載した住民票の写し
  • 申請者の本人確認書類

  同意書の様式はこちら


【こんなときには、届け出・手続きを】

  • こどもが生まれたとき
  • 他市区町村から転入したとき
  • 氏名を変更したとき
  • 加入する健康保険に変更があったとき
  • 受給者証をなくしたとき
  • 他市区町村への転出などによって受給資格がなくなったとき
  • 健康保険へ加入しなくなったとき
  • 市内で住所を変更したとき
  • こどもが婚姻をしたとき

【手続き】

子育て支援課、新居支所市民窓口係で申請を行ってください。