湖西市行政評価(事務事業評価/実施計画評価)

本文にジャンプします
湖西市行政評価(事務事業評価/実施計画評価)

事務事業評価と実施計画について

 湖西市では、市民の皆さんが「住んで良かった」と思うまちづくりのために、様々な施策・事業を実施しています。 限られた財源や人員を最大限に有効活用するためには、どの事業を優先するか、重点を置くかを精査する仕組みが必要です。
行政評価は、行政が実施する事業について、「どのような成果があったか」「当初設定した目標が着実に達成できているか」などの視点から事業の評価と検証を行うものです。

目的

  • 限られた経営資源の有効活用と行政サービスの向上を図ります。
  • 予算編成と事業の選択と集中に繋がる仕組みを構築します。
  • 職員の意識改革「事業を改善するためのヒントを探す(気づきを促す)」自己改善ツール 
  • 事業の目的、内容、評価等を開示し、市政の透明性の向上を図ります。 

 事務事業のPDCAサイクルを繰り返すことで、仕事の質を高め、毎年度改善することを目指していきます。また、評価する事務事業単位と予算単位を統一することで、予算との連動と予算編成への活用を目指します。 

 PDCAサイクル

 (1)計画(Plan) …各部署の一年間の業務計画を書き出す

 (2)実施(Do)  …業務計画に対する実績を示す

 (3)評価(Check)…計画とおり業務が遂行できたか評価する

 (4)改善(Action)…評価に基づいて翌年度の改善につなげる

(1)評価対象事業について

 市が実施する全ての事務事業としています。
 なお、一般管理的な事業(管理的経費)や公債費など義務的・定例的な事業については評価対象外としています。

  ●事務事業・・・全ての事務事業は『事務事業評価シート』において評価します。
  ●実施計画・・・事務事業のうち新・湖西市総合計画「実施計画」にあたる事業は、『★実施計画 事業評価』シートもあわせて作成します。

  ※実施計画は、事業の評価、進行状況等を基に、毎年ローリングするとともに、予算編成に活用します。
   実施計画はこちら⇒

(2)評価方法について

 評価方法は、事務事業の担当部署による自己評価により実施しています。
 それぞれの事務事業について、事業目的や内容、事業の必要性、有効性、効率性などの観点から検証を踏まえ、「今後の事業推進の方向性」について事業担当課による総合評価を行う形式にしています。

   ●評価基準及び今後の事業の方向性1  
   

(3)評価結果

 新・湖西市総合計画の基本施策別に、事務事業結果を公表します。(28年度実施した事務事業の事後評価です。)
 各事業の評価についてのご意見・ご質問は、記載されている担当課へ、直接、お問い合わせください。

平成29年度 湖西市事務事業評価

これまでの評価結果