新居関所史料館企画展

本文にジャンプします
新居関所史料館企画展

開催中の企画展  

   

「ガラス写真乾板が残したあらい」

 本展では、昔のあらいを記憶した写真乾板を紹介します。乾板写真の時代は、今のように手軽に撮影ができるものではなく、手間と費用をかけ、1枚1枚の写真を撮影していました。この企画展では、当時の人々が写真に込めた夢や想いを感じてください。

チラシ

【開催期間】平成30年6月5日(火)~7月29日(日)
      チラシのダウンロードは
こちら

これまでの企画展   

 
「旅支度」

 本展では、江戸時代の人々が旅に出るとき、どのような準備をし、道中何を持って出かけていたのか、「旅」の準備を見ることができます。江戸時代の旅をなぞり、当時の人々にとって旅にでることがいかに容易ではないか、故にどれだけ旅を楽しみにしていたのかを想像してみてください。

チラシ画像

【開催期間】平成30年2月27日(火)~6月3日(日)
      チラシのダウンロードは
こちら



これまでのイベント

写真 2018/3/1撮影
【おひなさま展】

3月3日は桃の節句・ひな祭りです。
おひなさまを飾り、女の子の健やかな成長、将来の幸せな結婚を祈ります。

旅籠紀伊国屋資料館では、下記のとおり「おひなさま展」を開催します。
新居宿の旧家などから寄せられたたくさんのおひなさまが、部屋いっぱいに飾られます。

展示期間  :平成30年1月30日(火)~3月11日(日)
入館料   :大人210円/小人100円(関所史料館との共通入館券あり)
開館時間  :9時~16時30分(受付16時まで) (月曜休館)
お問合せ  :053-594-3615(新居関所史料館)

おひなさま写真


これまでの企画展


「江都錦今様國盡」(えどにしきいまようくにづくし)
 本展では、役者絵の「江都錦今様國盡」から各地の風景、物語を紹介します。江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川國芳が描く人物画をお楽しみください。

また、大御門・史料館入口にて1/14(日)まで『江戸時代の松飾り』を文献に基づき再現しています。是非ご覧ください。

チラシ画像

【開催期間】平成30年1月3日(水)~2月25日(日)
      チラシのダウンロードはこちら

江戸時代の松飾りを再現!

下記期間中、大御門・史料館入口にて、江戸時代の松飾りを再現しています。
松飾り(門松)には、年神様を迎え入れるための目印の意味があるといわれています。新居宿史跡案内人の会が、文献に基づき手作りした松飾りを是非ご覧ください。

【期間】~平成30年1月14日(日)

門松写真 関所写真



これまでの企画展   


「諸国名所図会」

「名所図会」とは、その名のとおり各地の名所を集めたもので、旅の途中の名所・旧跡の由来や挿絵などを見て楽しむガイドブックとして刊行されました。
自由に旅に出ることが困難であった江戸時代の人々が、どのような旅を楽しんだのか、当時のガイドブックから想像してみてください。

また、11月3日(金・祝)は
開館記念日により、
新居関所史料館・紀伊国屋資料館ともに
無料開放となりますので、ぜひお越しください。
当日は、関所にて下記イベントも開催されます。

・時代衣装を着てみよう(10:00~14:30)
・煎茶サービス(10:00~先着150名様)

チラシ画像


【開催期間】 平成29年10月31日(火)~12月24日(日)
       チラシのダウンロードは
こちら



これまでの企画展


「東海道中絵巻」

道中絵巻物は、江戸時代に街道筋の宿場や名所、旧跡などを記した旅行案内書の一つです。展示では、「東海道中絵巻」「江戸より長崎海陸道中記」の全絵巻を中心に新居周辺と峠・河・城がどのように描かれているか見て行きます。

8月は
無休で開館しております。
また、静岡県民の日8月21日(月)は
無料開放いたします。
8月6日、13日、20日、27日の日曜日(10時~12時)には、新居関所史料館1階にて、
「昔のお金を拓本して
イベントが開催されます。是非、お越しください。



【開催期間】 平成29年8月1日(火)~10月29日(日)
       チラシのダウンロードは
こちら


これまでの企画展


館蔵品展「絵馬」

絵馬は、祈願のために屋根形の板に馬を描いて神社に奉納する板絵のことです。明治時代以降には、大勢で奉納する大型の扁額(へんがく)形式の大絵馬を見られるようになります。
この企画展では、本館が所蔵する明治時代の絵馬を展示します。是非、ご覧ください。

絵馬 画像

【開催期間】 平成29年5月30日(火)~7月30日(日)
       チラシのダウンロードは
こちら



これまでの企画展


館蔵品展「木竹工芸・手鏡」

かつて私たちの身の回りには、日常生活で用いられた道具・家具などの日用品の多くが木製品でした。用途に応じてさまざまな工夫が用いられた史料館館蔵品の木竹工芸と手鏡を展示します。
   
チラシ画像
 
開催期間】 平成29年2月28日(火)から5月28日(日)まで
       チラシのダウンロードはこちらPDFアイコン



 

これまでの企画展


新春浮世絵展「明治の浮世絵」

江戸期の浮世絵とは少し違う趣のある明治の浮世絵を展示します。
古文書から再現した江戸様式の門松は1月15日までの期間限定の展示です。お見逃しなく。

                                     【江戸時代吉田藩の門松】
チラシ画像   門松絵図
   
開催期間】 平成29年1月3日(火)から2月26日(日)
       (12月26日から1月2日は休館)
       チラシのダウンロードはこちらPDFアイコン


           

これまでの企画展


館蔵品展「高札(こうさつ)」

木の板に幕府の法令などを記し掲示する「高札(こうさつ)」について、展示します。湊高札、関所高札など関所があった新居宿ならではの高札も展示します。

企画展チラシ画像

【開催期間】 平成28年11月1日(火)~12月25日(日)
       *11月3日は「開館記念日」のため入館無料です!
       チラシのダウンロードはこちら


 これまでの企画展


「狂歌入東海道五拾三次」展


狂歌(江戸時代に流行した短歌の一種)を記した歌川広重の東海道53次のうち55図を公開します。

チラシ写真

【開催期間】 平成28年8月2日(火)~10月30日(日)(終了)
       *8月21日は「県民の日」で入館無料です!
       チラシのダウンロードはこちら
 

併催行事 昔のお金を拓本してみよう

 とき:8月7・14・21・28日(日) 10時~12時
 ところ:新居関所史料館1階 (参加は無料ですが入館料が必要です。)


      

これまでの企画展

  

「双六(すごろく)展」
東海道五十三次をテーマとした道中双六をはじめ館蔵品の各種絵双六10点を展示します。 

チラシ画像    

【開催期間】平成28年5月31日(火)~7月31日(日)終了)
      チラシのダウンロードはこちら



 

これまでの企画展


館蔵品展「漆工芸」

関所史料館には、購入または寄付を受けた多くの漆工芸が保管されています。その中から今回は、印籠や茶の湯道具など34点を展示しました。多種多様な漆工芸の美をご覧ください。

漆工芸 








【開催期間】平成28年3月8日(火)~5月29日(日)(終了)