広域行政

本文にジャンプします
広域行政

広域行政の目的

 交通網の整備や情報通信手段の急速な発達・普及により、市民の皆さんの活動範囲は行政区域を越えて飛躍的に広域化し、広域的な交通体系の整備や行政区域を越えた土地の利用など広域的なまちづくりや施策に対するニーズが高まってきています。
 さらに、少子高齢化や環境問題、情報化の進展といった多様化・高度化するとともに、広域化する行政課題への的確な対応も求められています。

 本市は、平成22年3月に新居町と合併し行政体制の整備・強化を進め、今後も広域的な連携の仕組みを積極的に活用し、周辺の市町と協力してより効果的な行政課題の解決を目指しています。

主な取り組み