軽自動車税の改正について

本文にジャンプします
軽自動車税の改正について
 地方税法の一部改正により、平成28年度に原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の軽自動車及び小型自動車の税率が変更されました。また、三輪以上の軽自動車は、最初の新規検査を受けた日によって、適用される税率が異なります。

(注) 最初の新規検査とは:今までに車両番号の指定を受けたことがない軽自動車(新車)を、使用するときに受ける検査のことです。検査年月は、「初度検査年月」として自動車検査証(車検証)に記載されています。

主な改正点

 ◆ 変更後の税率はこちら 

 

 ◆ 三輪以上の軽自動車に重課税率と軽課税率が適用

  ○ 重課税率とは・・・最初の新規検査から13年が経過した、環境への負荷が大きい車両の税率は、平成27年度の税率の約1.5倍になります。ただし、電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、混合メタノール自動車、ハイブリッド自動車、被けん引自動車は対象外です。

  ○ 軽課税率とは・・・平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両のうち、排出ガス性能と燃費性能が優れた車両は税額が軽減されます。なお、軽減率は車両の環境性能(下の表)により異なり、この軽課税率は平成29年度のみ適用されます。

  ○ 軽課の対象車両

軽減率

車種区分 

環境性能 

75%軽減

電気自動車、
天然ガス自動車
平成21年排出ガス規制NOx10%以上低減

50%軽減

ガソリン車、
ハイブリッド車
(注1)

乗用

平成32年度燃費基準+20%達成車

貨物

平成27年度燃費基準+35%達成車

25%軽減

乗用

平成32年度燃費基準達成車

貨物

平成27年度燃費基準+15%達成車
(注1)ガソリン車とハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限ります。