新型インフルエンザ等対策行動計画

本文にジャンプします
新型インフルエンザ等対策行動計画
新型インフルエンザや、未知の感染症である新感染症は、ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を獲得していないため、世界的な大流行(パンデミック)となり、大きな健康被害とこれに伴い社会的影響をもたらすことが懸念されています。そこで、新型インフルエンザ等への感染症への対策を国家として実施するため、平成25年4月に「新型インフルエンザなど対策特別措置法」が施行されました。
湖西市では、市民の生命及び健康を保護し、市民生活及び市民経済に及ぼす影響が最小となるようにするため、新型インフルエンザなど対策特別措置法第8条の規定により、湖西市新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました。


湖西市新型インフルエンザ等対策行動計画.pdf(2014年11月25日 10時16分 更新 1108KB)