社会資本総合整備計画 湖西地区 公表について

本文にジャンプします
社会資本総合整備計画 湖西地区 公表について

社会資本総合整備計画 湖西地区 公表について

 湖西市では、防災・減災事業に関する国の支援を受けるため、社会資本総合整備計画(都市防災総合推進事業)を平成25年3月に策定をしました。
 その後、静岡県第4次地震被害想定が公表され、平成26年3月の湖西市津波避難計画改定に伴い、事業計画の見直しが必要となったため、平成26年7月に第1回目の整備計画の変更をし、現在までに3回の計画変更を行い事業を進めています。
 なお、社会資本整備総合交付金要綱により、整備計画の公表が義務づけられています。

※社会資本整備総合交付金事業について
 概要はこちら ⇒ 社会資本整備総合交付金-国土交通省

社会資本総合整備計画 湖西地区 の概要について

○整備計画名
 大規模災害から市民を守る減災防災まちづくり(防災・安全)

○計画目標 
   地震津波などの大規模災害から市民を守るため、湖西市地域防災計画に基づく自助・共助・公助による災害に強い減災まちづくりを進めるとともに、静岡県第4次地震被害想定により、津波の浸水が想定されている遠州灘沿岸地域の減災対策を優先的に進める。

○計画期間 
   平成25年度から平成29年度の5箇年

○主な整備内容
 ・湖西市津波避難計画における『津波避難施設空白域』の解消(命山・津波避難タワーの建設)
 ・同報無線デジタル化及び長距離伝播スピーカーの整備
 ・救護所における備蓄倉庫整備
 ・耐震性防火水槽の整備

社会資本総合整備計画 湖西地区はこちら

社会資本総合整備計画.pdf(2598KB)

事前評価チェックシート.pdf(34KB)

都市防災事業計画.pdf(167KB)