介護サービスの費用負担

本文にジャンプします
介護サービスの費用負担

費用の一部を利用者が負担します

ケアプランに基づいて介護サービスを利用するとき、みなさんがサービス事業者に支払うのは、原則としてかかった費用の1割または2割(※1)です。
※1 平成27年8月から、一定以上所得者(※2)は2割になります。
※2 一定以上所得者とは、本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の「前年の年金収入+その他の合計所得金額」が単身世帯で280万円以上、2人以上世帯で346万円以上の人を指します。

負担割合の詳細については、下記をご覧ください。
負担割合について(PDFファイル)


介護保険で利用できる額には上限があります

介護保険では、要介護状態区分(要支援1・2、要介護1~5)に応じて利用できる上限額(支給限度額)が決められています。
上限の範囲内でサービスを利用するときには、利用者負担は1割または2割ですが、上限を超えてサービスを利用した場合には、超えた分は全額が利用者の負担になります。
 

 

湖西市の在宅サービスの支給限度額(1ヶ月)

 要支援1  50,030円
 要支援2  104,730円
 要介護1  166,920円
 要介護2  196,160円
 要介護3  269,310円
 要介護4  308,060円
 要介護5  360,650円
 

  

介護保険の利用者負担が高額になったとき

同じ月に利用した介護保険サービスの利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、世帯合計額)が高額になり、一定額を超えたときは、申請により認められた場合に、超えた分が「高額介護サービス費」等として後から支給されます。

 利用者負担段階区分  利用者負担上限額
 現役並み所得者(平成27年8月新設)※  世帯:44,400円
 一般世帯  世帯:44,400円
 市民税世帯非課税
  上記のうち、
  ●前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人 
  ●老齢福祉年金の受給者
 世帯:24,600円

 個人:15,000円
 個人:15,000円
 生活保護受給者等  個人:15,000円
 世帯:15,000円

※現役並み所得者…同一世帯に課税所得145万円以上の第1号被保険者がいて、年収が単身世帯で383万円以上、2人以上世帯520万円以上の人。

詳細については、下記をご覧ください。
高額介護サービス費について(PDFファイル)


介護保険と医療保険の利用者負担が高額になったとき

介護保険と医療保険の両方の利用者負担を年間で合算して高額になった場合は、限度額を超えた分が支給される高額医療・高額介護合算制度があります。


施設での食費・部屋代の負担軽減について

介護保険3施設(介護老人福祉施設、介護老人保険施設、介護療養型医療施設)や同施設のショートステイを利用する方の食費・部屋代については、ご本人による負担が原則ですが、低所得の方については、食費・部屋代の負担軽減を行っています。
詳細については、下記をご覧ください。
食費・部屋代の負担軽減について(PDFファイル)