水道が故障したとき(漏水など)

本文にジャンプします
水道が故障したとき(漏水など)

修繕について

個人の宅地内の給水管は、基本的には個人の持ち物です。道路上は水道課で管理いたしますが、官民境より民地側は個人の管理となります。しかし、自分の敷地内だから、自分の給水管だからといって、勝手に配管することはできません。漏水等により修繕が必要なときは必ず湖西市水道指定工事業者にお願いしてください

給水装置管理区分

漏水の可能性がある場合

これまでと水道の使用方法が変わらないのに使用水量が急に増えている場合、漏水の可能性があります。

家中の蛇口を閉めてもメーター内のパイロット(銀色のコマ)が回っていれば、宅地内のどこかで漏水しています。
早急に
湖西市水道指定工事業者に依頼して修理をしてください。 
漏水による修繕をした際、漏水箇所が埋設部の場合は漏水による水道料金を減免できる可能性があります。修繕を依頼した湖西市水道指定工事業者か水道課までご相談下さい
メーターパイロット

 

赤い水、白い水が出る場合

○水道工事などによる断水や、使用量の急増などのために、水道管を流れている水の速さや方向が変わり、管内の付着物が出ることがあります。また、家屋や宅地にある水道管が古くなって、管の中に鉄さびがたまり、蛇口から赤さびがでることもあります。
こんなときは、飲むのを差し控えて、しばらく水を出しておくと、きれいになります。なかなかきれいにならない場合は、水道課へご連絡ください。
○水道管の中に空気が入って、水の中に小さな気泡(空気)が混じると白い水がでることがあります。安心してご使用ください。しばらくすると、空気が抜けて透明になります。