貯水槽水道の管理について

本文にジャンプします
貯水槽水道の管理について

 ■貯水槽水道の種類
         
 【 簡易専用水道 】        
 水道事業者から供給される水のみを水源とし、受水槽方式により供給している施設で、この受水槽の有効容量が、10㎥を超えるものをいいます。
 受水槽の有効容量が10㎥を超える簡易専用水道は、水道法により1年以内ごとの清掃及び検査が義務付けられています。
   
 【 小規模貯水槽水道 】        
  水道事業者から供給される水のみを水源とし、受水槽方式により供給している施設で、この受水槽の有効容量が10㎥以下のものをいいます。         
 


 ■貯水槽水道の管理       
     
 マンションやビルなどで、貯水槽水道(受水槽や高置水槽のある建物)をお使いの場合、受水槽以降の水質の管理は、建物の所有者または管理者が行うことになっています。
  安全でおいしい水道水をお届けしても、受水槽が汚れていると安心して水道水を飲んでいただくことができません。また、受水槽の有効容量が10㎥以下の小規模貯水槽水道についても、市の条例により水道法に準じた管理をしなければならないことになっています。
 なお、給水装置および貯水槽水道はお客様の所有物ですが、維持管理上、公道上(※配水管から官民境界まで)の漏水修繕は水道課が行います。  
 

      




■貯水槽水道の設置者(管理者)の皆様へ
    
       
 【 清掃について
  貯水槽を清潔に保つために、年1回以上は清掃を行ってください。        
         
 【 水質管理について
  給水栓からの水の色・濁り・臭い・味などの確認を行ってください。異常が認められる場合は、水質検査を行ってください。        
         
 【 施設の点検について
  水槽の状態やマンホールの施錠など施設の点検を行って、不備な点があれば改善してください。        
         
 【 緊急時の措置について
  水槽内の水が汚染されるなどの事故が発生した場合、直ちに受水槽からの給水を停止し、利用者に事故の状況を知らせてください。       
         
 【 定期的な受検について
  厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に依頼し、年1回以上、貯水槽水道の管理に関する検査を受検してください。