住民票等

本文にジャンプします
住民票等

申請書 

 住民票写し等交付申請書(郵便請求用).pdf  

  様式がダウンロード出来ない場合は、便箋等に以下の事項を記入してください。

・請求対象者の住所、世帯主、氏名

・申請者の住所、氏名(署名又は記名押印)、昼間に連絡がとれる電話番号、請求対象者との関係

・必要な証明書の名称と必要枚数(例:住民票1通)

・世帯主との続柄の表示、本籍の表示(日本国籍の方のみ)の有無

・国籍、地域、中長期在留者又は特別永住者であること

・在留カード又は特別永住者証明書の番号,在留資格,在留期間,在留期間の満了日の表示の有無(外国人住民の方のみ)

住民票

 

手数料

手数料は、郵便局で販売している定額小為替を同封してください。
 現金での受付は致しません。
 ※
定額小為替には、住所・氏名欄がありますが、何も記入しないでください。
 

返信用封筒

 返信用切手(82円)を貼り付けて、氏名・返送先の住所を記入してください。お急ぎの場合は、速達料金分の切手を貼り、封筒に赤字で速達と書いてください。

 ※返送先は、請求者の住民登録のある住所になります。勤務先、一時的に住んでいる場所、申請者以外の第三者への返送はできません

 

本人確認書類の写し
本人確認書類の例

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)

  ※マイナンバーが記載されている裏面はコピーしないでください。

 ・運転免許証

 ・在留カード

 ・各種健康保険被保険者証(住所が印字されているもの)

 ・介護保険被保険者証

 ・後期高齢者保険被保険者証

  ※国民年金手帳、パスポート等で住所が印字されていない場合

・公共料金明細書の写し(住所が印字されており、半年以内のもの)

・住民票(半年以内に取得したもの)等の添付が必要になります。

 

任意代理人が請求する場合

 請求対象者の方と別世帯の場合には、委任状が必要となります
 
  委任状(兼代筆用).pdf

別世帯の法定代理人が請求する場合

 本市に備える戸籍等により対象者の方との関係が確認できない場合は,
  対象者との関係が確認できる証明書(戸籍謄本の写し等)

 
  
 ※郵送の場合は、配達の日数と役所の処理日数が必要です。
   日数に余裕を持って申請をしてください。