住所表示

本文にジャンプします
住所表示

住所表示制度について

 湖西市では、「住居表示に関する法律」及び「湖西市住居表示に関する条例」に基づき、市街化区域の一部を対象として、住居表示を実施しています。
 住所は通常、土地の地番で表示します。しかし、地番が順序よく並んでいないなど、分かりにくいことがあります。このような不便をなくすため、一部の地域では、住居表示を実施しています。

住居表示の表し方

住居表示を実施した区域の住所の表し方は、次の例のようになります。
 旧表示:湖西市○○○123番地の4
 新表示:湖西市○○○二丁目  ×××番  △△号
        (町 名)  (街区符号)(住居番号)

住居表示設定申出

住居表示の設定申出に必要なものは以下のとおりです。(印鑑不要。手数料はかかりません。)

1.住居表示設定申出書(住居番号設定申出書(様式第1号)
2.建築確認済証の写し(建物等の建築主や建築場所等が記載されている部分)
3.公図の写し(法務局で交付している土地の位置や形状を表した図。建築確認申請で添付したもののコピー可)
4.建物配置図の写し(建物等が敷地のどこに位置するか分かる図面)
5.建物平面図の写し(建物等の大きさ、玄関位置の分かる図面)
6.その他必要書類(分筆等をして建築確認済証に記載されている建物の所在地番に変更がある場合、その事実を
  確認できる書類及び新しい公図の写し)
7.申出者(建築主ほか、建築業者、不動産業者等、代理の方でも構いません。委任状は不要)

住居表示実施区域

住居表示実施区画図