納税方法

本文にジャンプします
納税方法

 市民税は県民税と合わせて納めていただくこととされています。納付方法は、ご自分で直接又は口座振替で納付する「普通徴収」、会社等の給与から天引きして会社で納付してもらう「特別徴収」とがあります。このほか、65歳以上で公的年金収入がある方は、年金支給額から天引きして年金支給機関で納めてもらう「公的年金特別徴収」が平成2110月から始まりました。


普通徴収  
 6月、8月、10月、1月の年4回、納付書により市役所窓口、コンビニ、金融機関等で直接納めるか、指定した口座から自動振替で納付していただきます。


特別徴収  
 6月から翌年5月までの、毎月
12回で会社等の給与から天引きして会社で納付していただきます。(休職、退職、転職時等には変更が必要です。)


公的年金等特別徴収  
 4月、6月、8月、
10月、12月、2月の年金支給時期の6回で、年金支給額から天引きして年金支払機関から納付していただきます。金額変更は10月に行われ以後同額が天引きされるため、翌年度の4、6、8月は当該年度の税額決定までの仮徴収額として天引きして納付されます。