評価替えとは

本文にジャンプします
評価替えとは

 評価替えとは、土地と家屋の評価額を3年に一度、見直しを行うことを言います。

 見直しを行う年度を基準年度、次年度を第二年度、次々年度を第三年度といいます。平成30年度は基準年度、平成31年度は第二年度、平成32年度は第三年度となり、平成33年度は再び基準年度となります。

 原則として基準年度の賦課期日(1月1日)現在の価格を固定資産課税台帳へ登録し、第二年度と第三年度は基準年度の価格をそのまま据え置きます。

 ただし、第二年度と第三年度において次のような場合は新たに評価を行い、価格を決定します。

1.その土地や家屋が新たに固定資産税の課税対象となった。

2.土地の地目が変わったり家屋の増改築などにより基準年度の価格によることが適当でない。

3.土地について地価の下落があり、価格を据え置くことが適当でない。