公的年金特別徴収の納付方法

本文にジャンプします
公的年金特別徴収の納付方法

65歳以上の公的年金を支給されている方は、前年の年金所得に合わせた市・県民税額を、4月、6月、8月、10月、12月、2月の年金支給時期6回で、年金支給額から天引きして年金支払機関から納付していただきます。

年金特別徴収の金額変更は10月に行われ以後同額を引去ることとされているため、翌年度の4月、6月、8月は当該年度の税額決定までの仮徴収額として天引きして納付されます。この時点で、当該年度の税額が払いすぎとなる方については差額をお返し(還付)して、年金特別徴収を停止することとされています。