税額の算出方法・税率

本文にジャンプします
税額の算出方法・税率

【お知らせ】

平成26年度税制改正により、法人市民税の税率等が変更されました。
平成26年度10月1日以後に開始する事業年度から適用されます。
詳しくは「法人住民税の税率の改正について(PDFファイル)」をご覧ください。
PDFファイルのアイコン法人住民税の税率の改正について.pdf

法人市民税について

法人市民税は、「均等割」と「法人税割」の各税額を計算し、その合計金額を申告および納付します。


《均等割》

 資本金と従業員の人数を基に税率を決定します。


均等割額の算出方法

均等割額=税率×事務所等又は寮等を有していた月数÷12


※湖西市内に事務所等又は寮等を有していた期間が12月に満たない場合は、有していた月数により計算します。その場合の月数は、暦に従って計算し、1月に満たない場合は1月とし、1月に満たない端数を生じたときはこれを切り捨てます。

 

均等割の税率(年額)

法人等の区分に応じて、下の表のとおり定められています。

資本金等の額

湖西市内の従業者数の合計数

50人以下のもの

50人を越えるもの

1,000万円以下の法人

50,000

120,000

1,000万円を越え1億円以下の法人

130,000

150,000

1億円を越え10億円以下の法人

160,000

400,000

10億円を越え50億円以下の法人

410,000

1,750,000

50億円を越える法人

410,000

3,000,000

 

 

《法人税割》

 法人税割は、国(税務署)に申告した法人税額(国税)が計算のもとになります。


税率と税額の計算方法

法人税割額=法人税額×税率9.7%(標準税率)
※平成26年10月1日以後に開始する事業年度より適用
平成26年9月30日以前の税率については、12.3%


※事務所等が他の市町村にもある場合(分割法人)の課税標準となる法人税額は、次の式により算出された額となります。


課税標準となる法人税割額÷全従業者数×湖西市内の従業者数