湖西市公共施設再配置基本計画を策定しました

本文にジャンプします
湖西市公共施設再配置基本計画を策定しました

公共施設再配置基本計画について

 本市では、昭和40年代後半から昭和60年代にかけて数多くの公共施設を整備してきました。今後、こうした施設が次々と建替え・更新の時期を迎え、多額の費用が必要になっていくことが予測されます。その一方で、少子高齢化の進行による税収の減少、社会保障費の増加等により財政状況が厳しくなることが見込まれます。

 将来にわたる施設ニーズや人口の動向を見据え、市民の財産である公共施設を、次世代に大きな負担を残さず引き継いでいくために、将来的な人口規模、財政規模に見合った施設の適正配置や有効活用に取り組まなければなりません。

 この計画は、「公共施設マネジメント基本方針」の考えを踏まえ、個別施設ごとの今後の方向性を検討し、本市の公共施設の適正配置を進めるための行動計画として策定しました。

 今後はこの計画に基づき、市民の皆さまと行政が現状や課題を共有し、公共施設再配置を進めてまいります。

湖西市公共施設再配置基本計画
 

公共施設マネジメント基本方針

 『公共施設マネジメント』を中長期的な視点で戦略的かつ総合的に推進していくため、取組の骨子となる「公共施設マネジメント基本方針」を次のとおりとします。
 
基本方針1 『施設総量の縮減』
基本方針2 『安全性の確保と機能の複合化』
基本方針3 『運営の適正化』
基本方針4 『広域的な活用』

 

公共施設マネジメント基本方針

策定までの取り組みと経緯

 平成28年  7月 公共施設のあり方に関する市民アンケートの実施
 平成28年  9月~平成29年  1月 行財政改革審議会にて審議
 平成28年11月~平成29年  1月 行財政改革推進本部会議にて審議
 平成29年  1月~平成29年  2月 パブリックコメントの募集
 平成29年  2月 市民懇談会にて説明
 平成29年  3月 「湖西市公共施設再配置基本計画」の策定
 

公共施設での閲覧方法

 本計画については、このページのほか、市役所1階情報コーナー、新居地域センター、中央図書館、新居図書館、西部公民館においても冊子(印刷物)で閲覧することができます。