消防団

本文にジャンプします
消防団

Kosai fire volunteer corps
湖西市消防団
   

      地域の安全と安心を守ります


 

   

 

 

平成29年度湖西市消防団入退団式のおしらせ

2017年3月16日
日時:平成29年4月2日(日) 9時30分開始

場所:湖西市アメニティプラザ メインアリーナ

内容:団長辞令交付式、消防団員の任命及び宣誓、表彰、市長挨拶、団長訓示、来賓祝辞















組織・管轄区域

 

 湖西市消防団は、1消防団本部・3方面隊・14分団(女性分団含む)の条例定数387名で構成され、火災や風水害、地震などの災害から地域住民の生命、財産を守るため活躍しています。


 



(条例定数)

名称

分団名

団員定数

管轄区域

団本部

13

市内全域

女性分団

28

中方面隊

第1分団

36

南町・仲秋・北町・汐路町・鵜殿・富士見町・御幸町・湖陽町・新明町・旭町・分川・東町・八幡町・仲町・横須賀・田町・栄町・本一東・本一西・本二・本三・河原・みのわ・風の杜

第2分団

25

古見・遠曲谷・郷土・川尻・市場・一の宮・山口・坊瀬

第3分団

20

新町・元町・宮本・坂下・汐見坂

第4分団

30

東町・裏町・橋町・若葉台・伝馬・高見・西町・船ヶ谷・笠子・長谷・境宿・堤下・境川

北方面隊

第5分団

25

女河・中岡・入江・神明・正砂町・日之岡・月見ヶ丘・池・あかつき

第6分団

39

大森・新古・岡崎・上の原・南上の原・新所原・梅田・県営新所原団地

第7分団

32

入出1町内~12町内

第8分団

25

神座・太田・中尾平 青平・山脇・花の山・松見

第9分団

25

大原町・上向・上小路・中村・前川岸・山崎・北向・宮町・南山・利木・横山

南方面隊

第10分団

22

栄町・泉町・中町・高見・西町・上田町・中田町・俵町・船町・新弁天・向島・ベイリーフ

第11分団

23

源太山北・源太山中・源太山南・日ヶ崎・若磯・杣川・高師山・松山・大倉戸・内山

第12分団

22

柏原・港町・ひばりヶ丘・新居弁天・住吉西・住吉東

第13分団

22

郷南・郷北・三ツ谷・あけぼの

団員数合計

387












 

消防団員募集中

       
    あなたの力を地域防災のために役立てませんか


湖西市消防団では、男女を問わず消防団員を募集しています。
市外に勤務するサラリーマン団員の増加により、平日・昼間の時間帯に市内に勤務する団員が不足しています。火災だけでなく、地震や風水害などの自然災害などからご近所を守るためになくてはならないのが消防団です。

  

 

 



 ★湖西市消防団員募集チラシ pdf 

興味がある方は、消防本部消防総務課までお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先 
●消防総務課 消防団係 053-574-0214


 

 

消防団協力事業所表示制度

平成22年度から消防団協力事業所表示制度がスタートしました。

 消防団員は、人口の過疎化、若年層の都市部への流出、少子高齢化社会の到来等の社会構造の変化に伴い、全国的に減少傾向にあります。また、産業構造や就業体制の多様化等によって団員のサラリーマン化が進み、湖西市消防団においても、団員の多くが被雇用者となっています。
 消防団は、地域精通性・団員動員力・即時対応力といった特性を活かし、消火活動はもとより大規模災害時においても地域の安全確保のために不可欠な存在です。
 このようなことから、サラリーマンが入団しやすく、より活動しやすい環境づくりを目的に、平成22年度から従業員の消防団活動等に協力していただいている事業所を市が「消防団協力事業所」と認定して、表示証の交付や市ウェブサイト等に掲載して、その協力内容や社会貢献を広く公表することにしました。この制度により、団員の入団促進や活動環境の整備はもとより、協力事業所の地域貢献、社会的信頼性の向上やPRにつながるものとして、市全体の消防防災体制が一層充実することを期待しています。
 また、静岡県において消防団活動に協力していただける事業所等の増加を目的として「消防団の活動に協力する事業所等を応援する県税の特例に関する条例」が制定されました。当該条例における協力事業所等の認定を受けた場合には、事業税の税額控除を受けることができます。

消防団協力事業所表示制度とは?

 「消防団協力事業所表示制度」とは、事業所の消防団活動への協力が社会貢献として広く認められると同時に、事業所の協力を通じて地域防災体制がより一層充実されることを目的とした制度です。
 「消防団協力事業所」として認められた事業所は、取得した表示証を社屋に提示でき、表示証のマークを自社ホームページなどで広く公表することができます。

         
          消防団協力事業所表示制度 表示証

認定基準

1.従業員等が消防団員として、10名以上又は、従業員構成比の10%以上入団している。
2.使用人等が消防団員としてその活動を行う場合における昇進、賃金、労働時間その他の処遇につい
  て、他の使用人と均衡を失することのないよう適切な配慮を加える旨の規定が整備されている。
3.災害時等に事業所の資器材等を消防団に提供するなど協力している。
4.その他消防団活動に協力することにより、地域の消防防災体制の充実強化に寄与しているなど、市
  長が特に優良と認める事業所。  

申請方法 

協力事業所として認定を受けようとする事業所は、下記の書類を消防本部消防総務課へ提出して申請を行ってください。認定後、表示証を交付します。

湖西市消防団協力事業所表示申請書(様式第1号).pdf

・会社案内もしくはパンフレット等

・(更新の場合)前回表示証の写し

※参考  例規集 湖西市消防団協力事業所表示制度実施要綱


湖西市消防団協力事業所表示制度 認定事業所一覧
                                (平成28年12月20日現在)

 

消防団活動に協力する事業所等に対する事業税の軽減措置について

静岡県による「消防団の活動に協力する事業所等を応援する県税の特例に関する条例」が制定され、平成24年4月から施行されました。 

この適用による県税の特例があります。

対象
以下の要件を満たす、知事の認定を受けた法人(資本金又は出資金が1億円以下の法人または出資金の額が1億円を超える特別法人に限る)または個人
1.県内に事業所等を有し、かつ事業所等のすべてが消防団協力事業所表示制度の認定を受けてい
  ること。
2.県内の事業所等における使用人等のうち、消防団員が1名以上(出資金の額が1億円を超える特別
      法人にあっては3人以上)いること。
3.消防団活動に配慮した規定(就業規則等)を整備していること。

適用税目と期間
1.法人事業税 平成24年4月1日~平成31年3月31日までの間に終了する各事業年度の事業税
2.個人事業税 平成24年~30年の所得に対して課税する平成25年度~31年度の事業税

控除内容
事業税額の2分の1に相当する額を控除(100万円を限度)


申請手続き
静岡県公式ホームページを参照にご確認ください。

その他
 
静岡県発行パンフレット