台風24号(平成30年9月30日~10月1日)被害の罹災証明等について

本文にジャンプします
台風24号(平成30年9月30日~10月1日)被害の罹災証明等について
台風24号(平成30年9月30日~10月1日)被害の罹災証明申請及び被災届出証明申請が必要な方は、下記よりダウンロードして記入・押印のうえ、危機管理課までご提出ください。

罹災証明願(記入例はこちら
被災届出証明願(記入例はこちら

受付期間

平成30年12月28日(金)17時15分まで
(土曜日・日曜日・休日を除く平日の8時30分から17時15分まで)
 

申請方法

危機管理課窓口にご提出ください。支所等での受付はできません。

申請の際にお持ちいただくもの

印鑑
家屋の破損箇所の様子がわかる写真(下記、”添付書類”を必ずご覧ください)

注意事項

○いずれの申請も、1世帯に対していずれか1申請のみの受付となり、証明書は1通のみとなります。
罹災証明願:家屋の被害の程度を現地調査にて判定する証明
○被災届出証明:被災したことを届け出たことに対する証明。被災の程度については証明しません。届け出を受理したことについて証明するものです。
○罹災証明願は職員が現地調査を実施しますので、敷地内や場合によっては家屋内へ立ち入ることがあります。また。調査日程については都合上、ご希望の日に実施できない場合もありますので、あらかじめご承知願います。

添付書類

○申請書には家屋の破損箇所の写真を添付してください
○写真は最低2枚で多方向から撮影されたものとします
○写真は破損箇所及び周囲の状況がわかるように撮影してください
(例:瓦が割れた→割れた瓦のみ写真は不可。屋根の広い範囲も撮影すること)
〇写真には撮影日を表示するようにしてください。
○修理後のみの写真は認められません
○雨漏りのみは被災によるものと認められません

不明な点は危機管理課までお尋ねください。