○湖西市油流出事故警戒防除対策要綱

昭和53年8月17日

告示第99号

(目的)

第1条 この要綱は、油流出事故警戒防除対策に関して必要な事項を定め、関係機関の協力体制を確立し、警戒防除対策を円滑に実施することによつて、市民の生命、財産を保護することを目的とする。

(対策本部)

第2条 市長は、油流出事故により、警戒防除活動を行う必要があるときは、市役所内に湖西市油流出事故警戒防除対策本部(以下「対策本部」という。)を設置するものとする。

2 対策本部の組織、活動については、要領に定めるところによる。

(関係機関)

第3条 この要綱において「関係機関」とは、湖西市、湖西警察署をいい、必要に応じ静岡県、浜名漁業協同組合、とぴあ浜松農業協同組合、湖西市消防団、湖西市危険物安全協会の協力を得るものとする。

(昭61告示144・平12告示114・平22告示332・一部改正)

(調査、予防)

第4条 湖西市は、市内事業所の重油タンク施設等を調査し、油流出事故がおこらないよう予防の措置を指導するとともに、油流出時の流路等をは握しておくものとする。

(平22告示332・一部改正)

(資器材の整備)

第5条 湖西市は、油流出事故に備え要領に定める資器材を常備しておくものとする。

2 湖西市は、協力機関、市内事業所に備えてある資器材を常には握しておくものとする。

(平22告示332・一部改正)

(連絡体制)

第6条 油流出事故を知つた者は、直ちにその旨を湖西市へ通報し、湖西市は遅滞なく関係機関に連絡するものとする。

(平22告示332・一部改正)

(経費の負担)

第7条 防除活動に要した資器材の滅失については、原因者に求償するものとし、原因者が明確でない場合には湖西市が負担するものとする。

(平22告示332・一部改正)

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項が生じたときは、市長が定めるものとする。

附 則

1 この要綱は、昭和53年9月1日から施行する。

附 則(昭和61年10月1日告示第144号)

この要綱は、昭和61年10月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日告示第114号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月19日告示第332号)

この要綱は、平成22年3月23日から施行する。

湖西市油流出事故警戒防除対策要綱

昭和53年8月17日 告示第99号

(平成22年3月23日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第6節 災害対策等
沿革情報
昭和53年8月17日 告示第99号
昭和61年10月1日 告示第144号
平成12年3月31日 告示第114号
平成22年3月19日 告示第332号