○湖西市在宅ねたきり高齢者等紙オムツ購入費助成事業実施要綱

昭和63年3月31日

告示第64号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅で生活するねたきり高齢者及び重度心身障害者(児)(以下「ねたきり高齢者等」という。)の使用する紙オムツ(テープ止めタイプ、パンツタイプ及び尿取りパッドの物をいう。以下同じ。)の購入費用に対して、その一部を助成することにより、ねたきり高齢者等の健康衛生の保持及び家庭の経済的負担の軽減を図り、もって当該ねたきり高齢者等の福祉の増進に資することを目的とする。

(平12告示126・平27告示255・令3告示43・一部改正)

(対象者)

第2条 助成の対象者は、市内に居住する者で、常時紙オムツへ排泄する者のうち、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 65歳以上のねたきり又は認知症の状態にある者

(2) 3歳以上で身体障害者手帳1級若しくは2級、療育手帳A又は精神障害者保健福祉手帳1級を所持する者

(3) 前2号に掲げるもののほか、日常生活において常時紙オムツの使用の必要があると市長が認めた者

(令3告示43・全改)

(対象者の適用除外)

第3条 次に掲げる条件のいずれかに該当する者については、前条の規定にかかわらず、助成の対象としないものとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けていること。

(2) 介護保険施設に入所していること。

(3) 障害者支援施設に入所していること。

(4) 病院に入院していること。

(令3告示43・追加)

(申請)

第4条 紙オムツの購入費用の助成を受けようとする者又はその者の属する世帯員は、在宅ねたきり高齢者等紙オムツ購入費助成申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(令3告示43・旧第3条繰下・一部改正)

(決定)

第5条 市長は、前条の規定により申請書の提出があったときは、その内容を審査し、当該審査の結果を在宅ねたきり高齢者等紙オムツ購入費助成決定・却下通知書(様式第2号)により、通知するものとする。

(平12告示126・一部改正、令3告示43・旧第4条繰下・一部改正)

(助成の内容)

第6条 市長は、前条の規定により助成の決定をした者に対し、1か月当たり2,000円分の紙オムツ引換券(第8条及び第9条において「引換券」という。)を交付するものとする。

2 助成の開始は、第3条の申請書を受理した日の属する月の翌月からとする。

(平12告示126・全改、令3告示43・旧第5条繰下・一部改正)

(助成の廃止)

第7条 市長は、助成を受けた者が次の各号のいずれかに該当したときは、助成を廃止するものとする。

(1) 第2条の対象者に該当しなくなったとき。

(2) 助成の対象者が死亡したとき。

(3) 第3条に掲げる条件に該当したとき。

(平12告示126・平14告示33・一部改正、令3告示43・旧第6条繰下・一部改正)

(禁止事項)

第8条 助成を受けた者は、引換券を不正に使用し、又は他人に譲渡してはならない。

(令3告示43・追加)

(助成決定の取消し等)

第9条 市長は、助成を受けた者が虚偽又は不正な行為により、引換券の交付を受けたとき又は使用したときは、その者の助成の決定を取り消し、交付済の引換券を返還させることができる。

(令3告示43・追加)

(補則)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に市長が定める。

(令3告示43・旧第7条繰下・一部改正)

附 則

この要綱は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日告示第126号)

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月12日告示第33号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年12月24日告示第255号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月9日告示第43号)

この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

(令3告示43・全改)

画像

(令3告示43・全改)

画像

湖西市在宅ねたきり高齢者等紙オムツ購入費助成事業実施要綱

昭和63年3月31日 告示第64号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和63年3月31日 告示第64号
平成12年3月31日 告示第126号
平成14年3月12日 告示第33号
平成27年12月24日 告示第255号
令和3年3月9日 告示第43号