○湖西市被災証明取扱規程

平成20年3月25日

規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、地震、風水害等の災害によって生ずる損害等の証明(以下「証明」という。)の取扱いに関して、必要な事項を定めるものとする。

(平22規程21・一部改正)

(証明区分)

第2条 証明は、被災証明及び被災届出証明とし、次の区分により取り扱うものとする。

(1) 被災証明 被災物件が確実な証拠によって立証できる場合又は調査員の現場確認により行うもの

(2) 被災届出証明 被災物件が確実な証拠によって個々に立証できない場合に行うもの

(証明責任者)

第3条 前条の証明は、市長が行うものとする。

(証明の申請等)

第4条 証明の申請は、災害により被災した物件の所有者、管理者、使用者等が、被災証明にあっては被災証明願(様式第1号)により、被災届出証明にあっては被災届出証明願(様式第2号)により行うものとする。

2 前項の被災証明願又は被災届出証明願(以下「被災証明願等」という。)を受理したときは、その内容が第2条各号に適合しているときは、当該証明を申請者に交付するとともに写しを保管しなければならない。

(様式の特例)

第5条 被災証明願等の様式がその提出先において特に定めたものがある場合は、これを前条第2項の規定に定める被災証明願等とみなして処理することができる。

(補則)

第6条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月19日規程第21号)

この規程は、平成22年3月23日から施行する。

附 則(令和3年3月31日規程第2号)

1 この規程は、令和3年4月1日から施行する。

2 この規程の施行の際、この規程による改正前の様式の用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

(平22規程21・全改、令3規程2・一部改正)

画像

(平22規程21・全改、令3規程2・一部改正)

画像

湖西市被災証明取扱規程

平成20年3月25日 規程第3号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第6節 災害対策等
沿革情報
平成20年3月25日 規程第3号
平成22年3月19日 規程第21号
令和3年3月31日 規程第2号