後期高齢者医療制度による医療費の自己負担割合について教えてください。

更新日:2022年11月10日

医療費の窓口負担

 自己負担割合は、かかった医療費の1割、2割または3割です。

 保険証に自己負担割合が明記されています。

自己負担割合が3割になる人

 住民税の課税所得金額が145万円以上(※)ある人とその人と同じ世帯の被保険者

 ただし、

  1. 同一世帯に後期高齢者被保険者が1人のみの場合→収入金額383万円未満
  2. 同一世帯に後期高齢者被保険者が2人以上の場合→収入金額の合計が520万円未満
  3. 上記1で383万円以上となった場合で、同一世帯に70歳以上75歳未満
    (障害認定により後期高齢者被保険者である人を除く。)の人がいる場合→収入金額の合計が520万円未満
    上記1、2及び3のいずれかに該当する人は、申請により自己負担割合が1割または、2割となります。

(※) 世帯構成による控除

 12月31日時点で世帯主であって、同一世帯に次の人(合計所得金額が38万円以下の人に限る)がいる場合、住民税の課税所得金額からそれぞれの金額を控除した金額が対象となります。

  • 0〜15歳の者が存在する場合…一人につき33万円
  • 16〜18歳の者が存在する場合…一人につき12万円

自己負担割合が2割になる人

2warihutan

詳細は、静岡県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課 後期高齢者医療係

〒431-0492
静岡県湖西市吉美3268番地
電話番号:053-576-4530 ファクス番号:053-576-4880
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか