後期高齢者医療の保険料の算出について教えてください。

更新日:2022年04月06日

保険料は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」を合計して、個人単位で計算されます。
この、「均等割額」と「所得割額」(保険料率)は、それぞれ各都道府県ごとに決められ、2年ごとに見直されます。

●令和4・5年度の保険料率

  • 所得割率:8.29%
    均等割額:42,500円
    賦課限度額:660,000円
     
  • 年間保険料額の計算方法(令和4年度)
    {(前年の総所得金額-430,000円)×8.29%}+42,500円=年間保険料額(限度額660,000円)
    (注意)世帯主および世帯内の被保険者の所得に応じた保険料の軽減制度があります。

 

●令和2・3年度の保険料率

  • 所得割率:8.07%
    均等割額:42,100円
    賦課限度額:640,000円
     
  • 年間保険料額の計算方法(令和3年度)
    {(前年の総所得金額-430,000円)×8.07%}+42,100円=年間保険料額(限度額640,000円)
    (注意)世帯主および世帯内の被保険者の所得に応じた保険料の軽減制度があります。
     

※その他
年間保険料額の100円未満の端数は切り捨てます。
保険料は、4月から翌年3月までの12カ月分で計算されます。
(注意)年度途中での加入・喪失の場合は、月割で計算を行ないます。

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課 後期高齢者医療係

〒431-0492
静岡県湖西市吉美3268番地
電話番号:053-576-4530 ファクス番号:053-576-4880
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか