新居関所史料館企画展情報

更新日:2021年03月23日

新居関所イベント情報はこちらから!(随時更新)

facebook

【新居関所facebook】
https://www.facebook.com/araisekisyo
アカウント:@araisekisyo

instagram

【新居関所instagram】https://www.instagram.com/araisekisyo_kosai/
アカウント:@araisekisyo_kosai

VRで江戸時代の新居関所へタイムスリップ!

VR画像

令和元年10月~ 関所史料館にてVRが体験できるようになりました。
VRタブレットを無料で貸出中。ご希望の方は、受付にてお声かけください。


※台数に限りがあります。貸出の際、受付簿に必要事項を記入していただきます。

これからの企画展

お金のはなし -江戸・明治の紙幣-

関所史料館お金のはなし

本館で所蔵する江戸時代後期から明治初期にかけて発行された藩礼をはじめ、宿場札、町村札等の私札のほか、明治政府によって発行された太政官符等を紹介します。

開催期間


令和3年5月11日(火曜日)~7月11日(日曜日)

開催中の企画展

街道を歩くー新居宿・白須賀宿ー

街道を歩くー新居宿・白須賀宿ー

新居宿・白須賀宿の街道施設や宿泊施設など江戸時代の旅人が通った街道風景について紹介します。

開催期間


令和3年3月2日(火曜日)~5月9日(月曜日)

これまでの企画展

館蔵浮世絵版画展

東海道中栗毛弥次馬 弥次さん・北さんの旅

落合芳幾は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師。東海道中栗毛弥次は、東海道を江戸から京都へ旅をする弥次さんと北さんが宿場町で繰り広げるエピソードをユーモアに描いた作品となっています。読み物としてだけでなく見て楽しめる内容となっていますので是非いらっしゃってください!

開催期間


令和3年1月3日(日曜日)~2月28日(日曜日)

秋の企画展 検地と年貢

検地と年貢

戦国時代から江戸時代にかけて、湖西市内の村々で実施された検地の結果を記録した検地帳と年貢割付状から、検地帳の意義や検地帳の変遷、江戸時代の年貢について紹介します。

開催期間

令和2年11月10日(火曜日)~12月25日(金曜日)

今切関所と海辺改め

企画展チラシ

今切関所で厳しい取り調べが行われていましたが、船を用いて浜名湖をひそかに渡ったり、湖北の山道を抜けたりすれば、関所での取り調べが無意味になってしまいます。そこでこうした行為が行われないよう、浜名湖周辺の村々に関所法度を守ることなどを義務付けたのが海辺改め制度です。
今回の企画展では、海辺改め制度の概要や村の対応などについて関連資料を紹介するとともに、この制度の実効性についても考えていきます。

開催期間

令和2年9月8日(火曜日)~11月8日(日曜日)

11/3 開館記念日イベントのお知らせ

令和2年11月3日(火曜日)は新居関所史料館の開館記念日です。

みなさまに関所などの文化財に親しんでいただくため、関所史料館と紀伊国屋資料館を無料開放します。当日は、茶会席や史跡案内人の会によるおもてなしサービスがあります。ぜひお越しください。

11月3日(火曜日)9:00~16:30

茶会席は10時から15時まで(先着120名で終了)

夏休み企画展 江戸時代の交通と旅

新居関所企画展

江戸の長屋に住む熊さんと八兵衛の伊勢への旅を通じて、江戸の人々がどのような移動をして、どのような旅をしたのか紹介します。

旅の難所「新居関所」では、江戸時代の関所を再現したVR体験タブレットを無料貸出中。

夏休みは家族で江戸時代にタイムスリップしよう!

開催期間

令和2年7月14日(火曜日)~9月6日(日曜日)

関所を描いた作品展

企画展チラシ

当館では江戸時代から昭和に至る浮世絵や絵画資料を数多く収蔵しています。そこに描かれた内容はさまざまですが、今回の企画展では新居関所を描いた作品の中から代表的な浮世絵や絵画を紹介します。

開催期間

令和2年6月2日(火曜日)~7月12日(日曜日)

江戸の旅 -街道を歩く-

江戸時代の人は「旅」に対してどのようなイメージを持っていたのでしょうか。参勤交代などの公務の旅、商いの旅、社寺参詣や湯治の旅と、さまざまな形の旅をみることができます。特に庶民の場合は、今より以上に旅に出かけることが困難な時代にあったにもかかわらず、多くの人が物見遊山や社寺詣でに出かけていたことが知られています。
もちろん江戸時代の旅の多くは徒歩によるものでした。街道施設や宿泊施設など、旅人を取り巻く環境も整備されましたが、その一方で関所や川越しといった難所を越えなければなりませんでした。
今回の企画展では、江戸時代の旅人が通った街道の風景や現在に残る遺構について紹介します。

開催期間

令和2年3月3日(火曜日)~5月10日(日曜日)

浮世絵にみる歌舞伎名場面

企画展ポスター

浮世絵とは風俗を描いた風俗画ですが、江戸中期以降の木版画による多色刷りの発達によって多くの種類の浮世絵版画が大量に刷られるようになり、庶民も手軽に手に入れることができました。
浮世絵の題材は多岐にわたりますが、街道風景や各地の名所を描いた風景画のほか女性を描いた美人画、そして歌舞伎役者や芝居を描いた役者絵、歌舞伎絵が人気を博しました。
今回、館蔵品の中から江戸時代後期から明治期の役者や歌舞伎を描いた浮世絵版画22点を紹介します。

開催期間

令和2年1月3日(金曜日)~3月1日(日曜日)

この記事に関するお問い合わせ先

文化観光課 文化係

〒431-0492
静岡県湖西市吉美3268
電話番号:053-576-1140 ファクス番号:053-576-4876
メールでのお問い合わせはこちら