誤って119番通報した場合について

更新日:2022年07月07日

誤って119番通報をしてしまった場合は、無言で電話を切らずに、「間違い電話」であることをお知らせしてください。

「間違え電話」の状況として、次のようなことが確認されています。

1、ご家庭の固定電話及びスマートフォン(携帯電話)から「子供が触った」など、電話機を誤って操作し、通報されたもの。

2、スマートフォン(携帯電話)から「ポケットやカバンに入れていて気付かないうちに」など操作したつもりがないにもかかわらず通報されたもの。

原因として単純な操作ミスによるもの以外に、スマートフォンの「※緊急通報機能」が何らかの原因で反応し、所有者が意図しない状況で119番通報されることがあります。

※緊急通報機能

スマートフォンのロック画面から、セキュリティを解除しなくても緊急通報番号に通報ができる機能です。

スマートフォンの機種により操作方法は異なりますが、一部の機種では緊急通報番号がプリセットされており、「間違い通報」が発生しやすくなっています。

 

誤って119番通報した場合には、無言で電話を切らずに、「間違い通報」であることをお知らせください。

無言で電話を切断された場合には、万が一の事態を想定し、電話事業者等に契約者情報を確認して救急車を出動させたり、通信指令室から確認の電話をかけることがあります。

湖西市消防本部通信指令室(053-574-0119)の電話番号から確認の電話があった場合には「間違いです」とお答えいただきますようお願いいたします。
この記事に関するお問い合わせ先

警防課 消防救急係
〒431-0442
静岡県湖西市古見1076番地
電話番号:053-574-0219
ファクス番号:053-574-0215

警防課 指令係
電話番号:053-574-0119
ファクス番号:053-574-0119
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか