流鏑馬神事

更新日:2019年08月29日

湖西市内の流鏑馬は、それぞれの地域で次第に変化し独自の特徴を残し、現在まで受け継がれています。歴史的な流鏑馬神事をぜひご覧ください。

女河八幡宮例大祭神事(県指定無形民俗文化財)

流鏑馬写真

女河八幡宮例大祭神事様子

神事詳細

日時】:令和元年10月13日(日曜日)11時30分~
場所】:女河八幡宮(湖西市新所)
駐車場】:新所幼稚園隣グラウンド
概要】:秋の収穫感謝をあらわす特徴ある神事。巫女ト(みこのうら)・十列児(じゅうれんじ)・流鏑馬・神楽・種蒔・相撲等、個性的で多彩な内容の神事が行われる。

熱田一宮神社例大祭流鏑馬神事(市指定無形民俗文化財)

流鏑馬写真

熱田一宮神社例大祭流鏑馬神事様子

神事詳細

日時】:令和元年10月6日(日曜日)14時00分~
場所】:熱田一宮神社(湖西市吉美)
駐車場】:市場区公会堂広場
概要】:子どもによるアゲウマと大人によるホンウマがある。的を打った矢は、厄除け・家内安全などの祈願のため見物客が競い合って持ち帰る。

古見八幡神社例大祭流鏑馬神事(市指定無形民俗文化財)

流鏑馬写真

古見八幡神社例大祭流鏑馬神事様子

神事詳細

日時】:令和元年10月13日(日曜日)15時00分~
場所】:古見八幡神社(湖西市古見)
駐車場】:なし
概要】:毛の濃い先馬(馬乗り様の年長者が乗る)と毛の薄い後馬(馬乗り様の年少者が乗る)があり、往路は駆け抜けるのみで、復路で走りながら3ヵ所の的に矢を投げ打つ。先馬は8往復、後馬は7往復し、最後に「天下流鏑馬」と称し、それぞれ2頭のウマを的手前まで曳き、ウマを静止させた状態にて的を射る。

二宮神社例大祭流鏑馬神事(市指定無形民俗文化財)

流鏑馬写真

二宮神社例大祭流鏑馬神事様子

神事詳細

日時】:令和元年10月13日(日曜日)15時00分~
場所】:二宮神社(湖西市新居町中之郷)
駐車場】:なし
概要】:祭りの1週間前に馬乗り様を決めるくじ引きが古式にのっとり行われる。馬乗り様に選ばれると昔はこの日からお籠りに入ったが、今では例大祭の前夜のみお籠りをする。

八幡諏訪神社例大祭流鏑馬神事(市指定無形民俗文化財)

流鏑馬写真

八幡諏訪神社例大祭流鏑馬様子

神事詳細

日時】:令和元年10月20日(日曜日)14時35分~
場所】:八幡諏訪神社(湖西市鷲津)
駐車場】:なし
概要】:鷲津3区各地区から選ばれた若者が、馬場にてウマを各1往復走らせる馬場見せ(マエトビ)が行われた後、流鏑馬が始まる。神事を執り行う馬乗り様は的前までウマを走らせ、的付近で静止後、的を射る。以上の所作を7回繰り返し行う。