白須賀宿(白須賀出身の偉人たち)

更新日:2019年10月24日

白須賀出身の偉人たち

夏目甕麿邸址の石碑のイラスト

夏目甕麿邸址の石碑

 白須賀出身の偉人には、国学者で歌人であった夏目甕麿(なつめみかまろ)・加納諸平(かのうもろひら)父子があげられます。
 甕麿(1774~1822)は、国学を内山真龍(うちやままたつ)に学び、後に伊勢松阪の本居宣長(もとおりのりなが)の門下に入り、国学の普及に努めました。著書には、「古野の若葉」ほか歌集数編があります。
 諸平(1806~1857)は、甕麿の長男で、紀州和歌山の藩医の養子となりました。「鰒玉集(ふくぎょくしゅう」と題する著書7巻を出版するなど全国的にも有名で、晩年には紀州国学者の総裁となりました。

この記事に関するお問い合わせ先

文化観光課 文化係

〒431-0492
静岡県湖西市吉美3268
電話番号:053-576-1140 ファクス番号:053-576-4876
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか