【ごみ分別】飲料水缶と食品缶(缶詰等)は、同じスチール缶でも分別が違うのですか?

更新日:2019年02月28日

 湖西市では、飲料水缶は資源物、食品缶は燃やせないごみに分別されます。
 なぜ分別が異なるかというと、リサイクル資源として活用する場合に差があるからです。

  • 飲料水缶は、飲み終わった後に軽くすすいでから出していただければ、中身(異物)が残ることはありません。また、缶の規格に関しても特異なものはありません。集められた後の処理のしやすさや、リサイクル資源として活用する際に、安定した品質で使用することができます。
  • 食品缶は、中身の食品を取り除いたり、油が付着しているものを洗い落としたりするのに手間がかかります。飲料水缶と一緒に回収すると、もし食品缶の中身が残っていた場合、リサイクルする際に異物となってしまいます。また、食品缶には飲料水缶には無いラベルなどがついていることもあるので、飲料水缶よりも処理コストが大きくなります。
    なお、食品缶は環境センターに燃やせないごみとして集められた後、磁力選別機などで抽出され、飲料水缶とは異なるリサイクル資源として出荷しています。

参考

飲料水缶の分別方法は、以下のファイル「ごみガイドブック」6ページをご覧ください

この記事に関するお問い合わせ先

廃棄物対策課 廃棄物係

〒431-0441
静岡県湖西市吉美3294-47(湖西市環境センター)
電話番号:053-577-1280 ファクス番号:053-577-3253
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか