【ごみ分別】ガラスびんはなぜ色別に分別するのでしょうか?

更新日:2019年02月28日

 びんは、色別にリサイクルをして、また新しいガラスびんに生まれ変わります。
 例えば、無色透明びんに茶色のびんが混ざってリサイクルされてしまうと、新しい無色透明びんを作りたいのに茶色が混ざってしまい、きれいなびんを作ることができません。
 そのため、回収するときから「無色透明」「茶色」「その他の色(青・緑・黒など)」の3つの色別に分けていただいています。

  • (注意)乳白色のびんは、リサイクルできないので燃やせないごみです。
  • (注意)びんを出すときはキャップ(ふた)を必ず外して、金属製であれば燃やせないごみ、プラスチック製であればプラマーク品に分別して出してください。
この記事に関するお問い合わせ先

廃棄物対策課 廃棄物係

〒431-0441
静岡県湖西市吉美3294-47(湖西市環境センター)
電話番号:053-577-1280 ファクス番号:053-577-3253
メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか

このページは見つけやすかったですか